1年後の最終予選をにらむMF遠藤航「ここからが勝負」

写真拡大

[3.31 AFC U-23選手権予選(リオ五輪アジア一次予選)第3戦 U-22日本 1-0 U-22マレーシア]

 1次予選の3試合を終えた直後、U-22日本代表のキャプテンMF遠藤航(湘南)は、「最終予選進出を決められたことはよかったと思いますし、後ろはゼロに抑えられたので。そこはプラスに捉えたいと思います」と、コメントした。

 この3試合を通じて守備は無失点。ただし、この日も1ゴールに終わるなど、得点は決して多くは挙げられなかった。遠藤は「攻撃に関しては結構、ボールを動かしながらチャンスをつくれましたし、そこは継続していきたいと思います。守備に関してはリスクマネジメントしてゼロに抑えられたのは収穫だと思います」と、良かった面を挙げて、「最後チャンスをつくりながら、決めきれないところがまだまだあったので、そこは課題かなと思います」と、課題を続けた。

 慣れない環境の中、中1日での試合というスケジュールにも苦しんだ。「やっぱり中1日ということもあって、タフな戦いになることはわかっていました。でも、その中で戦わないといけないし、そういう厳しさがあるのが東南アジアの戦いだと思う」と話した遠藤は、「これから最終予選まで、あいだが空くと思いますので、クラブに戻って、しっかり一人ひとりがチームで試合に出て、成長できればと思います」と、決意を述べた。

 その最終予選について「間違いなく1次予選より厳しい戦いが待っている」と表情を引き締めた遠藤は、「僕たちができるのは、まずはクラブで試合に出続けて成長することだと思います。一人ひとりが『最終予選で本当に厳しい戦いが待っている』という覚悟を持って、代表に入れるようにしていかないといけないと思います」と、日常であるJリーグで成長を続ける必要性を繰り返した。

 1次予選での成長を問われても、「このタフな戦いの中でも、やるべきことはできたと思います。でも、まだまだ最終予選になったら成長していないといけないと思いますし、本当にここからが勝負だと思います」と、ここがスタートラインであると強調した。