待望ゴールで勝利に貢献も…FW久保「あまり満足できる結果が残せていない」

写真拡大

[3.31 AFC U-23選手権予選(リオ五輪アジア一次予選)第3戦 U-22日本 1-0 U-22マレーシア]

 FW久保裕也(ヤングボーイズ)自身にとっても、チームにとっても、欲しかったゴールだった。前半41分に左サイドからDF安在和樹(東京V)が上げたクロスに、久保がヘッドで合わせてゴールを決めた。FWで起用された第2戦では、やや戸惑いもあったが、この日は所属するヤングボーイズで務めているトップ下での起用に応え、結果を出した。

 得点の場面を振り返り、久保は「クロスを上げてくれた人が、良いボールを上げてくれたので、合わせるだけでした」と、アシストした安在に感謝した。3試合中、2試合の出場という条件付きでの1次予選参加となったが、「僕的には、あまり満足できる結果が残せていない」と言い、「環境に早く慣れることが大事だなと思いました」と、持っている力を出し切れなかった悔しさをのぞかせた。

 次は2016年1月の最終予選となる。今予選の反省を踏まえて久保は「やっぱりもっとチームメイトとコンビネーションなり、個人的にも自分で突破できたりできるように、チームに帰ってまたしっかり練習して、また代表に来た時に、良いプレーができるように頑張りたいと思います」と、2試合を通じて更なる成長の必要性を強く感じた様子だった。