【日本 対 ウズベキスタン】サッカーダイジェスト取材記者の採点&寸評

写真拡大 (全2枚)

【サッカーダイジェスト取材記者による採点&寸評】
取材:谷沢直也、白鳥和洋、塚越始、五十嵐創、小田智史
 
【マッチレポート|日本 5-1 ウズベキスタン】

【日本代表】
[GK]
1 川島永嗣 6 
ミドルシュートを堅実に処理。1失点はしたものの、ハイボールへの対応は的確で、88分にはビッグセーブで際どいヘディングシュートを弾き出した。
 
[DF]
2 内田篤人 5.5 
あまり高い位置に進出せず、守備のバランス取りに腐心した印象。コンディション面を考慮して、前半だけでピッチを後にした。
 
6 森重真人 6 
初出場の昌子をサポートしつつ、上手く最終ラインをコントロール。奪ったボールを素早く前線に供給し、攻撃にも関与した。
 
19 昌子 源 5 
本人曰く「今日は良かったプレーが思い出せない」。ポジショニングに危うさを感じさせるなど、課題を持ち帰る代表デビューに。
 
24 酒井高徳 6 
的確な位置取りで相手のウイングをケア。FWに当てる縦パスも正確で、かつての“バタつき感“とは縁遠い安定感を見せ付けた。
 
[MF]
15 今野泰幸 5.5 
局面の競り合いやインターセプトでらしさを見せたが、展開力には疑問符が。局面を変えるサイドチェンジは稀でパスミスも目立った。
 
28 青山敏弘 6.5
エリア外からの芸術的なボレーで貴重な先制点。敵陣にスペースができ始めた後半は、タイミングの良い縦パスでチャンスにつなげた。
 
10 香川真司 5.5 
守備のギャップでボールを受け、攻撃のスピードを上げた。とはいえ、ゴール前での決定的な仕事はなし。“完全復活”は、まだ遠そうだ。
 
[FW]
4 本田圭佑 6 
前試合ほどのインパクトはなかったが、視野の広さとパスの精度は披露。乾や岡崎の動きを見極め、危険なラストパスを供給した。
 
9 岡崎慎司 7 
タイトな当たりをものともせず、確実にボールを収めて前線の起点に。太田のクロスに合わせて結果も残したCFは、MOMに相応しい働き。
 
8 乾 貴士 5.5 
サイドに張ってドリブル突破を仕掛けたが、フィニッシュの精度を著しく欠いた。特に立ち上がりの決定機を逃したのは、本人にとっても痛恨だろう。
 
交代出場
DF
3 太田宏介 5.5 
タイミング抜群のオーバーラップで岡崎のゴールをアシスト。一方でラシドフに何度かクロスを上げられるなど、守備面は課題も残った。
 
DF
25 水本裕貴 5.5
中盤の底に残ってバイタルエリアのケアを担当するも、最終ラインに吸収されて効果的に機能できず。セカンドボールも拾えなかった。
 
MF
7 柴崎 岳 6 
ロングループで3点目を決めたが、見せ場はそれくらい。相手の運動量が落ちてマークも緩かっただけに、もっと仕事ができたはずだ。
 
FW
30 宇佐美貴史 6.5
切れ味鋭いドリブルで最終ラインを突破し、右足を振り抜いて代表初ゴール。得点後も左サイドのスペースを突き、チャンスを量産した。
 
FW
18 大迫勇也 5 
不慣れな右ウイングとしてピッチに立ち、攻守に見せ場を作れないままタイムアップ。ライバルたちが結果を残しただけに、今のままでは……。
 
FW
20 川又堅碁 6 
森重の折り返しを押し込んで代表初得点。クロスにニアで合わせる得意の形も披露するなど、徐々にチームにフィットしてきた感が。
 
監督
ヴァイッド・ハリルホジッチ 6.5 
今回の2連戦でフィールドプレーヤー全員を起用。サバイバルを煽りながら新たな戦術を叩き込み、連勝を飾った手腕は高く評価できる。