新戦力躍動で5発快勝、ハリルホジッチ体制連勝…青山・宇佐美・川又A代表初得点

写真拡大

 JALチャレンジカップ2015が31日に行われ、日本代表とウズベキスタン代表が対戦した。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ新監督の初陣となった27日のチュニジア戦に2−0で勝利した日本。指揮官は同試合からスタメン11人全員を入れ替えて臨む。川島永嗣、内田篤人、昌子源、森重真人、酒井高徳、青山敏弘、今野泰幸、香川真司、本田圭佑、岡崎慎司、乾貴士が先発となった。

 序盤から前線でプレスをかける日本。開始6分、森重の縦パスから前線の4人でパス交換し、最後はペナルティエリア内左の深い位置から香川が折り返そうとしたが、DFのブロックに遭う。しかし、直後の左CKから乾が送ったボールはGKに弾かれるが、こぼれ球に対して青山が右足を振り抜くと、鮮やかな弾道でゴール右上へ吸い込まれ、日本が先制する。青山はA代表初ゴールとなった。

 7分にも香川のパスから岡崎がエリア内左からシュートしたがDFのブロックに遭うなど、シュートチャンスを作っていく。一方のウズベキスタンはサルドル・ラシドフを中心にセットプレーなどから日本ゴールに迫るシーンを作る。

 日本は35分、今野が高い位置でボールをカットすると左の香川へ展開。折り返しのこぼれに今野がボレーでつめたが枠の左に外れた。前半は日本の1点リードで終える。

 ハーフタイムに日本は内田と今野を下げ、太田宏介と水本裕貴を投入。太田が左サイドに入り、水本はダブルボランチの一角として起用された。日本は54分、乾が左サイドで仕掛けるとDFに止められたが、こぼれ球を太田がクロス。ファーサイドの岡崎がダイビングヘッドで押し込み、追加点を獲得した。岡崎はチュニジア戦に続いて、ハリルホジッチ体制で2戦連発となった。

 63分、日本は乾を下げて宇佐美貴史をピッチへ。直後にはカウンターで左サイドから右足の低いクロスを相手DFとGKの間へ送るが、飛び出した岡崎にはわずかに合わず。68分には香川に代わって柴崎岳、72分には本田に代わって大迫勇也が投入される。ハリルホジッチ監督は今回の2連戦で招集したメンバーのうち、フィールドプレイヤー全員を起用したことになった。

 日本は80分、カウンターから柴崎がハーフウェイラインやや相手陣に入ったところで飛び出したGKの頭上を越えるシュートを放つ。無人のゴールへ転がったボールは追いかけたDFを岡崎がブロックして、そのままラインを越えて日本は3点目を獲得。直後にCKのこぼれ球をイスロム・トゥフタフジャエフに押し込まれ、1点を返されたが、84分にはゴール正面から宇佐美がDF2人の間をドリブルですり抜けて、シュートを流し込み、4点目を得た。宇佐美はA代表初ゴール。

 終了間際の90分には川又がCKからヘディングで押し込んでリードをさらに広げる。川又もA代表初ゴールとなった。試合はそのまま終了し、5−1で日本が勝利した。

【スコア】
日本 5−1 ウズベキスタン

【得点者】
1−0 6分 青山敏弘(日本)
2−0 54分 岡崎慎司(日本)
3−0 80分 柴崎岳(日本)
3−1 82分 イスロム・トゥフタフジャエフ(ウズベキスタン)
4−1 84分 宇佐美貴史(日本)
5−1 90分 川又堅碁(日本)