ドイツ機墜落事故の副操縦士 健康問題の発覚を懸念し休職を検討していた

ざっくり言うと

  • 独旅客機の墜落事故では、副操縦士が故意に墜落させた疑いが浮上している
  • 副機長は視力低下などが発覚するのを恐れ、休職を検討していたと報じられた
  • ボイスレコーダーの記録などから、副操縦士が意図的に墜落させた疑いがある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング