■3月特集 アスリートの春 〜卒業、そして新天地へ〜(10)

 フロリダ州で開催されたコーツ選手権(1月28日〜31日)から幕を開けた今季の米女子ツアー。その後、バハマ、オーストラリア、アジア各国を転戦し、3月に入って再び開催地が米本土に戻ってきた。その一戦は、アリゾナ州フェニックスで行なわれた、ファウンダーズカップ(3月19日〜22日/アリゾナ州)だった。

 そしてこの舞台に、今季から米女子ツアー参戦を果たした横峯さくら(29歳)と、宮里藍(29歳)がそろって登場した。1985年生まれの横峯と宮里――。今や盛況を極める日本女子ツアーだが、その人気の礎(いしずえ)を築いたのは、間違いなくこのふたりである。そんなふたりがまさか米女子ツアーで一緒に戦う日が来るとは......その姿を目の当たりにしたとき、感慨深い思いが込み上げてきた。

 そもそもプロ入り後、早々に米ツアーを主戦場とした宮里と違って、横峯は海外志向が薄かった。メジャー大会など単発で米ツアーに出場することはあっても、積極的に海外に出て行こうとはしていなかった。それで周囲も「(横峯は)外国嫌い」と見ていた。

 ゆえに昨秋、日本ツアーに参加していた宮里は、横峯からこっそりと米ツアー挑戦について打ち明けられると、驚きを隠せなかったという。

「さくらが最初、『私、QT(米女子ツアーの最終予選会)を受けようかと思って......』と言ってきたときには、一瞬、何のことだがさっぱりわかりませんでしたから(笑)」

 自分の意志を表に出して、物事をテキパキと進めていく宮里に比べて、横峯は自らの思いを内面に秘め、どちらかというと、のんびりと構えている。人の前に出て、自分をアピールするタイプでもない。宮里が"動"なら、横峯は"静"と言える。だが、横峯のプロ生活もすでに10年の歳月が経過した。2004年にプロ入りしてから、ツアー通算23勝を挙げて、2009年には念願の賞金女王にも輝いた。日本で成すべきことをおおよそ遂げてきた今、横峯の気持ちが世界に向いてもおかしくない。30歳になる今年が、まさにその"時"だったのかもしれない。

 横峯の心境に変化が生まれたのは、結婚したことも大きな要因のひとつだろう。パートナーであるメンタルトレーナーの森川陽太郎氏は、元サッカー選手で、自身もスペインなど海外でプレイした経験を持つ。そんな森川氏の話を聞いて、横峯の気持ちが動いたとしてもおかしくない。

 はたして横峯は、米ツアー挑戦の決意を自身のブログで発表した。

「私の中でもっとゴルフと向き合いたいという気持ちが強くなり、主人と話し合って(米ツアー挑戦を)決めました」

 そうして昨年12月、横峯は米女子ツアーのQTで11位という結果を残して、今季から米女子ツアーに戦いの場を移した。が、アメリカで横峯を待っていたのは、「想像以上に厳しい世界」(横峯)だった。

 まず、横峯の持つQT11位という資格では、開幕戦に出場する権利を得られなかったのだ。したがって横峯は、18歳でプロ入りしてから初めて、トーナメントの出場権を得るための"マンデー予選会"に出場。しかも、本選出場は叶わなかった。

 さらに2戦目、ピュアシルク・バハマ(2月5日〜8日/バハマ)でも、横峯はマンデー予選会に回った。そこでは運よく欠場者が出て、ようやく本選出場を果たすことができたものの、記念すべき"初陣"も初日に「78」と崩れて予選落ちとなった。

「日本では経験したことのないような強風が吹いていて、自分のスイングがまったくできなかった。でも、この風の中でも、アンダーで回っている選手がこっちにはたくさんいる。米女子ツアーの層の厚さを改めて思い知らされました。そんなツアーで戦っていくためには、もっと強い心構えが自分には必要。また、自分に足りないのは、ショートゲーム(の精度)ということもわかった」

 その後も、横峯の苦しい戦いは続いた。オーストラリア女子(2月19日〜22日/オーストラリア)も予選落ちし、日本女子ツアーのダイキンオーキッドレディス(16位タイ。3月6日〜8日/沖縄県)を挟んで出場した、冒頭のファウンダーズカップでも予選落ちを喫した。ただ、この試合後、「何かが吹っ切れたかな、という感じがある」と、横峯は明るい表情を見せた。

 そのことについて、横峯のラウンドを常に見守っているパートナーの森川氏が説明する。

「これまで、予選通過にばかりこだわり過ぎていた。それが、今大会ではしっかりと上を見て、ぜんぜん違う形でプレイができていた。僕自身、ようやく安心して(横峯のプレイを)見ていられました」

 そして迎えたキアクラシック(3月26日〜29日/カリフォルニア州)、この好気配がすぐに結果に表れた。横峯は初の予選突破を果たすと、そのまま上位争いに加わって、最終的に8位タイという好成績を残したのだ。

 実はこの試合の前、横峯はそれまで3戦連続で予選落ちしているにもかかわらず、「今週は優勝したい」という目標を口にしていた。次戦は、今季のメジャー初戦となるANAインスピレーション(4月2日〜5日/カリフォルニア州)。同大会への出場資格を持たない横峯は、ここ(キアクラシック)で結果を残して「出場権を獲得したい」という思いも強かったのだ。その気持ちが、結果につながったとも言える。それは無論、森川氏の企てでもあった。

「メディアに対しても、あえて『優勝したい』と公言することで、そのレベルの戦いに自分を追い込むことができる。そういう(上位争いから)逃げられない状況を作りたかった」

 おかげで、8位タイになった横峯は、賞金ランキング62位に浮上。メジャー大会、ANAインスピレーションの出場権を滑り込みで獲得した(前週大会終了時、賞金ランキング80位以内で他の出場資格を持たない選手の中で、賞金ランク上位20選手)。森川氏の目論みについては、横峯も照れくさそうにしながらも、感謝の気持ちを述べた。

「主人の狙いは、そこ(私をいい方向に導くこと)にある。メンタルトレーナーとして、さすがだな、と思いました」

 事あるごとに「主人と二人三脚で......」と語る横峯。序盤戦では予想もしなかった状況に苦しめられたが、今や森川氏とふたりで力を合わせて、一歩ずつ確実に前へ進んでいる。

 その姿を見つめていた"盟友"宮里藍が語る。

「さくらは(米女子ツアーで)いつ勝ってもおかしくない。これからまた、一緒にリーダーボードに名前を掲げたい」

 いよいよ"新天地"で本領を発揮しつつある横峯。宮里藍復活への"引き金"にもなりそうな、彼女の活躍にはますます期待が膨らむ。女子ゴルフ界にまた、新たな"ブーム"が巻き起こりそうな予感がする。

武川玲子●文 text by Takekawa Reiko