現役世代2.15人で高齢者1人を扶養 国民年金の負担が浮き彫りに

ざっくり言うと

  • 2013年の年金扶養比率が、2.15人で過去最低を更新したことがわかった
  • 年金扶養比率は、高齢者1人の国民年金を現役世代何人で支えるかを示す数値
  • 人口減と高齢化の進展に伴い、現役世代の負担が重くなる現状が浮き彫りに

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング