坂上忍

写真拡大

31日放送の情報番組「バイキング」(フジテレビ系)で、坂上忍がおしゃれに力を入れている女子小学生について、厳しく意見する一幕があった。

番組では、「急増中 おしゃれ過ぎる女子小学生」と題した企画を放送。番組の調査によれば、平日と休日で服装に大きな変化のある女子小学生が増えているそう。

スタジオでは、女子小学生3人の休日ファッション写真と、おしゃれに関するエピソードを紹介した。

一人目は、東京都在住の小学5年生てぃなちゃん。長い金髪をカールに巻き、ミニ丈の白いワンピース(24000円)、スタッズ付きサンダル(10800円)などを着用していた。メイクもバッチリで、ポイントは長めのつけまつげとアイラインだとか。メイクを施すのは母親だが、リップだけは小学1年生のころから自分でしているそう。

これを見た坂上は「ダメだよ、これはー」「どこにいきたいの、この子?」と呆れたようすで声をあげた。そもそも、小学生がメイクすることから受け付けないという。

また、進行役の小籔千豊は「学校にさえこういう格好していかなければ…」とフォローしながらも、自分の娘がこうした派手な格好をしていた場合には「どつきまわしますけどね」と本音をこぼした。

二人目は、東京都在住の小学3年生ゆなちゃん。キャップ(9800円)をかぶり、ヒョウ柄カーディガン(13800円)を羽織ったへそ出しルック。おしゃれ代として、月に10万円を費やすこともあるといい、坂上は口をあけて絶句していた。

三人目は、茨城県在住の小学3年生ゆなちゃん。胸から腰にかけて透けているシースルーの服を着用しており、ファッションのポイントは腰のくびれだという。また、現在所持している洋服は200着以上あり、一日に5回ほど着替えるのだとか。

さらに番組はVTRで、こうしたおしゃれな女子小学生が多く来店する「BANANA CHIPS」というショップを紹介。店の売れ筋は“セクシー&カワイイ”だそうで、全国から小学生が買い物に訪れるそう。

VTR後、小籔は「もうちょっと落ち着いた格好の子ども服があってもいいかなと思いましたけど…」と漏らした。坂上は相変わらず険しい表情で「売れるからってね、なんでも作りゃいいってもんじゃないんですよ」とバッサリ。「大人が悪い」と静かに怒りをぶちまけた。

【関連記事】
坂上忍、千秋の再婚論にウンザリ「子どもが知らない親の顔なんて腐るほどある」
坂上忍が″結婚式で張り切る母親″の討論で毒舌を連発「代わり映えしない」「表に出てこない」
坂上忍が俳優・温水洋一を現場入り時に追い込んだエピソードを披露「この人、小ギレするのよ」