群れるロボットアリ、ロボット蝶、ロボットカンガルー(動画あり)

写真拡大

ドイツのFesto社は、アリ型の群ロボット「BionicANTs」を開発した。ほかにも群ロボットのチョウなど、同社が開発するユニークなロボットたちを動画で紹介。

「群れるロボットアリ、ロボット蝶、ロボットカンガルー(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

ドイツのFesto社はこのほど、アリ型の群ロボット「BionicANTs」を開発した。

BionicANTsは、1匹が人間の手ほどの大きさで、実際のアリを拡大したものと不気味なほどよく似ている。実際のアリの知能に倣ってプログラミングされており、単体よりはるかに巨大な物を動かすなど、1匹では対処できない非常に複雑な課題を、群として共同で遂行することができる。BionicANTsの群は、無線ネットワークを使って交信することで、小さな製造チームを形成することができるのだ。

頭部にステレオカメラ、その下にセンサーを搭載しており、空間認識が可能で、物の位置を特定してあごでつかむことができる。3Dプリントによるプラスティックの胴体と、圧電技術で動くセラミック製の6本脚を備え、ちょこまかと動いて効率的に仕事をこなす。充電も自動だ。

Festo社は、もともと電磁バルブや空気圧アクチュエーターなどの部品をつくっている会社だが、「バイオニック部門」があり、「生体工学学習ネットワーク(Bionic Learning Network」)」というプロジェクトで、さまざまなユニークなロボットをつくっている

たとえば同社は今回、チョウ型の群型超軽量ロボット「eMotionButterflies」も発表した(以下の動画)。

eMotionButterfliesでは、高速赤外線カメラ10台からなるインテリジェント・ネットワーク・システムを活用している。これらのカメラは、32gの小さなチョウ型ロボットの赤外線マーカーを追跡する。そのデータが中央コンピューターに送信されることで、チョウ型ロボットの動きを調整し、空中衝突を防ぐのだ。チョウ型ロボットは翼幅50cmで、連続して4分間飛ぶことができる。

TAG

3D PrintingFestoRobotRoboticsVideoWIRED UK

このほかにも、さまざまなロボットが開発されている。2014年には、柔軟性のあるブレードで飛び跳ねることができる「ロボット・カンガルー」が発表された(以下の動画)。着地するときに、足のバネが次のジャンプに備えてエネルギーを貯蓄するという仕組みがあるものだ。

Festo社が2011年に開発した、羽ばたいて飛ぶことができるカモメ型の超軽量ロボット「スマートバード」も話題になった(以下の動画)。

このほか、2010年に発表された、空中を浮遊するロボット・ペンギンも有名だ(文末に動画を掲載)。Festo社のさまざまなロボットは、同社のYouTubeチャンネルで見ることができる。

Festo社のシモーヌ・シュミットはUK版『WIRED』に対して、「圧電セラミックアクチュエーターは、現在、主に圧力センサーや発電に用いられているが、小型ロボットでの利用はきわめて希だ」と説明した。

「Festo社の圧電バルブは現在車両などに利用されており、たとえばショックアブソーバー内部の『コンフォートバルブ』に使われている。また、ラボラトリ・オートメーション(実験自動化)のほか、医療技術の分野でも使われている。たとえば、移動式の呼吸装置で、空気と酸素を正確に供給できるようにしている」と、シュミット氏は述べる。「電力消費が少ないことから、バッテリー交換がたまにしか必要ない。また、スイッチング処理がほとんど無音であり、患者の負担を減らすことができる」

TAG

3D PrintingFestoRobotRoboticsVideoWIRED UK