“動き”の表現にフォーカス、先端技術とデザインの関係を考える「動きのカガク展」六本木で開催

写真拡大

「動きのカガク展」が、2015年6月19日(金)から9月27日(日)までの期間、21_21 DESIGN SIGHTで開催される。

[ この記事の画像をもっと見る ]

表現に「動き」を取り入れる、モーション・デザイン。映像作家・アートディレクターの菱川勢一をディレクターに迎えて行う本展では、プロダクトやグラフィック、映像作品だけでなく、車両制御システムや地図アプリケーション、 通信技術といった生活の中にまでとけ込んでいるモーション・デザインにフォーカスする。

会場では、世界的に知られるメディアアーティストのジモウンやニルズ・フェルカーの日本初公開作品をはじめ、クワクボリョウタが大規模な「LOST」シリーズの新作、ユークリッド(佐藤雅彦+桐山孝司)が 脳と体を結びつける新感覚の体験型作品を展示。

また、新進気鋭の若手作家や学生、企業との恊働による多彩な「動く」作品は、身近な材料と道具を使い、見る人の創作意欲を刺激。さらには、各作品の動きの原理をひもとくアニメーションを 菱川勢一率いるドローイングアンドマニュアルが制作し、来場者と動きの仕組みを“カガク”する。

【開催情報】
「動きのカガク展」
会期:2015年6月19日(金)〜9月27日(日)
休館日:火曜日(9月22日は開館)
開館時間:10:00〜19:00(入場は18:30まで)
入場料:一般1,100円、大学生800円、高校生500円、中学生以下無料
会場:21_21 DESIGN SIGHT(東京ミッドタウン・ガーデン内)
住所:東京都港区赤坂9-7-6
TEL:03-3475-2121
※本展より、開館時間と入場料が、一部変更となる。
展覧会ディレクター:菱川勢一
参加作家:アトリエオモヤ、生永麻衣+安住仁史、菅野 創+やんツー、岸 遼、クワクボリョウタ、ジモウン(Zimoun)、鈴木太朗、パンタグラフ、ニルズ・フェルカー(Nils Völker)、沼倉真理、ユークリッド(佐藤雅彦+桐山孝司)
参加団体:東北工業大学、メルセデス・ベンツ日本株式会社、他
特別参加:佐藤雅彦+ユーフラテス、他
■関連プログラム
・オープニングイベント 「オープニング ギャラリーツアー」
6月20日(土) 14:00〜15:30 出演:菱川勢一、ニルズ・フェルカー、他
・トーク「クリエイションとテクノロジー」
7月4日(土) 14:00〜15:30 出演:ドミニク・チェン、鹿野 護(WOW)、菅野 創+やんツー、岸 遼
・トーク「チームでものづくり」
7月18日(土) 14:00〜15:30 出演:アトリエオモヤ、ドローイングアンドマニュアル
・「動く!ワークショップ」
8月8日(土) 講師:パンタグラフ
「機械の素ワークショップ」
8月9日(日) 講師:桐山孝司