ドイツ機墜落を受け国土交通省も対策を検討 操縦室の2人体制など

ざっくり言うと

  • ドイツ旅客機墜落を受け、国土交通省が対策の検討を開始した
  • 操縦室内に常に2人の乗員を配置するよう航空会社に求める検討を始めた
  • パイロットの精神面の管理については、さらに健康管理を充実していくという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング