『ブラックハット』 ©Universal Pictures

写真拡大

マイケル・マン監督の映画『ブラックハット』が、5月8日から東京・日比谷のTOHOシネマズみゆき座ほか全国で公開される。

【もっと写真を見る】

『ヒート』『コラテラル』を手掛けたマン監督による約5年半ぶりの新作となる『ブラックハット』。ネットワークの不法侵入による凶悪事件への捜査協力を任された天才プログラマーのニコラス・ハサウェイが、目的不明の事件を世界中で起こす正体不明の犯人に迫る追跡劇と頭脳戦が描かれる。公開されている予告編では、香港の原子炉がネットワーク攻撃によって爆破される様子や、ハッキングの罪で投獄中のハサウェイが捜査チームから協力を求められる場面などが映し出されている。

主人公のハサウェイを、『マイティ・ソー』で主演を務めたクリス・ヘムズワースが演じているほか、出演者にはアン・リー監督の『ラスト、コーション』などに出演しているワン・リーホンとタン・ウェイ、『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』のヴィオラ・デイヴィスらが名を連ねている。