北風に吹かれてもめげない「きこりん」

写真拡大

住友林業は2015年3月26日、シンボルキャラクター「きこりん」の動画「Sing!Sing!KIKORIN(うたえ!きこりん)」を公開した。

初めての歌声披露

きこりんは、地球に森が生まれた3億5000万年前からやってきた「木の精」。時間や場所を飛び越えられる能力があり、森と森の生き物たち、人間との間に「しあわせな関係」を作るべく、時代を越えてメッセージを伝えている。

そんなきこりんが、今回はイソップ寓話やグリム童話、日本のおとぎ話の世界を旅する。軽快なリズムのなか、「きたかぜ」や「たいよう」、「クワガタ」と歌をうたうきこりん。これまでもテレビCMなどに登場していたが、これが初めての歌声披露だ。ラップのように韻を踏む場面もある。

イソップ寓話「北風と太陽」の世界で、きこりんは激しい風や、灼熱の太陽に苦しめられる。しかし、持ち前の明るさで乗り越えていくきこりんに、一連を見ていた「クワガタ」が尊敬のまなざしを送るのだが――おなじみの世界で繰り広げれるため、親子一緒にほほえましく楽しめそうだ。