ダイハツ・コペンに続いて、ホンダS660が間もなく発売される。ともに軽自動車(以下、軽)ながら、本格的な2人乗りスポーツカーである......とくれば、気になるのがスズキの動向だが、カリスマ経営者である鈴木修氏(スズキ会長兼社長)は「ウチは2人乗りはやらない」と明言した。スポーツカーはそもそも大量に売れるものではなく、日本自動車業界屈指の"商売人"と評されるスズキだけに、これはこれで冷静な経営判断だろう。

 そうはいっても、競合他社の盛り上がりを、商魂たくましいスズキがただ見ているはずもない。スズキはスズキで、別のカタチの軽スポーツを繰り出してきたのだ。

 アルト・ターボRSは実用軽(=新型アルト)をベースにした本格ホットハッチである。私を含むオッサン世代なら、コペンやS660で1990年代初頭の軽スポーツカーブームを思い出すと同時に、ターボRSにもかつて一世を風靡した軽ホットハッチの"アルトワークス"の影を重ねるはず。「中高年の思い出のツボ」という意味では、コペンやS660も、ターボRSも基本的に似たようなものである。

 ターボRSの成り立ちは正攻法そのもの。アルトのボディにパワフルなターボエンジンを積んで、内外装をストライプやらメッキ、"赤い差し色"やらで飾ったお約束の仕立てである。ただ、スポーツモデルなのに(どうせ台数が見込めない)3ペダル・マニュアルを用意しない......という判断は、良くも悪くもスズキの商売上手っぷりをうかがわせるものの、オートマでもヌルいCVTでなく、あえてマニュアルベースの自動MTを選んだところが"開発陣のささやかな抵抗!?"だろう。

 さらに、サスペンションのスプリングやダンパーが専用なのは当然としても、サスペンションの軸となるブッシュやタイヤまで専用開発、さらには"スポット溶接の増し打ち"というシブいボディ強化策......と、その内容は、じつはけっこうマニアック。この"上層部の目を盗んで、ノリノリでやっちゃった感"は、素直にツボである。

 もっとも、「ひっさびさの軽ホットハッチだぜ!」などと気負いすぎると、ターボRSはステアリングの緊密感にちょっと欠けるし、旋回速度もほどほどレベル。自動MTは(少なくとも日本の交通環境では)この種のものでは最優秀で、変速スピードも十二分なキレ味だが、性急で乱暴な運転をするタイプには「変速で失速する」だの「ギクシャクする」といった不当な批判を受ける可能性もある。

 あえて伝統の"アルトワークス"を名乗らないことからも分かるように、このターボRSには「オタク専用商品にはしない」という企画意図がある。内容は本格的なツボに満たされているのに、全体のテイストにどことなく寸止め感があるのは、だからだ。

 だから、ターボRSの乗り味はけっしてガチガチではなく、乗り心地はあらゆる場面で、普通のアルトより快適で高級。100km/h前後で鋭い段差を乗り越えたときに、これほど滑らかに、ドシバタしない軽はほかにない。シートも専用とはいえハッキリ安普請(失礼!)であることも考え合わせると、この乗り心地はけっこう驚異的といっていい。

 そもそも新型アルトは超軽量であることが最大の売りである。各部を強化したこのターボRSでも車重はわずか670kg! たとえばワゴンRのターボより150kg、コペンやS660(の予想値)より約200kgも軽いのだ。

 軽さは、クルマを含めた運動機械における絶対不変のツボである。一定の剛性や機能を確保したうえで軽ければ、走っていて受ける衝撃も低減されて、乗り心地が良くなる。そして、細かい味つけうんぬんを超越して、走りも鋭く軽快に、そして当たり前のようにコペンやS660より(おそらく)速い......ことは、このターボRSが証明している。

 しかも、ターボRSは安い。「200万円級のコペンやS660は高根の花だけど、これなら買える!」と勇気づけられる若者はもちろんのこと、「ついに、自分専用セカンドカーの夢が......」と俄然ツボを刺激される中高年も少なくないだろう。

 「速い、安い、うまい、しかも軽い」という三拍子......いや四拍子のツボが、これほどそろったクルマはアルト・ターボRS以外にない。そして、それをこのタイミングで出してくるあたり、スズキはやっぱり商売のツボを熟知していると感心せざるをえない。

佐野弘宗●取材・文 text by Sano Hiromune