破壊されたバーミヤン遺跡の石仏を記録するためのミュージアム

写真拡大

中央アフガニスタンのバーミヤン渓谷の人々は紀元1世紀以来、この渓谷において、洞窟や丘陵から僧院や礼拝所をつくりだしてきた。20世紀の時間が経過したいま、アフガニスタン政府とユネスコは、文化施設建築のコンペティションの受賞デザインを発表した。そのアイデアでは、レンガ敷きの通路と地下に直接建設されたスペースが広がる。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN 「破壊されたバーミヤン遺跡の石仏を記録するためのミュージアム」の写真・リンク付きの記事はこちら
02view-towards-buddha-cliffs

2/5この文化施設は仏教の伝播の最西端をシルクロード上に記録する、6世紀に建立された2つの巨大な仏像を記念する助けとなる。

03view-towards-buddha-cliffs2

3/52001年、タリバーンはダイナマイトを使用してこれらの像を破壊した。M2Rによる美術館の受賞案は、それらを再生したり記念碑を残すのではなく、信仰のため仏教徒がはるか昔に地下に建設した洞窟を模造するものだ。

04main-hall-square

4/5ここは平和な庭園になるだろう。丘陵に数世紀前に建設されていた聖域の、現代版のようなものとして。

05view-from-buddha-cliffs

5/5「近年の建築物の多くは、イメージと視覚にとらわれるようになってきた」とM2Rの建築家はいう。「だが、すべての建築物が記念碑にはなり得ない」

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN 01exposition-area

ユネスコは先日、アフガニスタンのバーミヤン渓谷に建設する文化施設の受賞デザインを発表した。

02view-towards-buddha-cliffs

この文化施設は仏教の伝播の最西端をシルクロード上に記録する、6世紀に建立された2つの巨大な仏像を記念する助けとなる。

03view-towards-buddha-cliffs2

2001年、タリバーンはダイナマイトを使用してこれらの像を破壊した。M2Rによる美術館の受賞案は、それらを再生したり記念碑を残すのではなく、信仰のため仏教徒がはるか昔に地下に建設した洞窟を模造するものだ。

04main-hall-square

ここは平和な庭園になるだろう。丘陵に数世紀前に建設されていた聖域の、現代版のようなものとして。

05view-from-buddha-cliffs

「近年の建築物の多くは、イメージと視覚にとらわれるようになってきた」とM2Rの建築家はいう。「だが、すべての建築物が記念碑にはなり得ない」

コンペティションで受賞したアルゼンチンの小さな建築オフィス・M2Rは、多くの取り組みを抱えることになった。

6世紀、中央アフガニスタンのバーミヤン渓谷の人々は2つの仏像を崖に彫刻し、ここがシルクロード上での仏教伝播の最西端だと示した。彫像は実に巨大で、その高さはおよそ200フィート(約60m)にもなる。

仏教徒たちは岩の洞穴の中、像のそばで瞑想をしたことだろう。遠く中国から、僧侶が祈りのために訪問したこともある。この地域に住む人たちは各家庭に、この像についての寓話を語り継いでいるほどだった。そして2001年、タリバーンが、イスラム教以前の偶像崇拝に対する攻撃の一環としてその彫像を破壊することになる。

2003年、アフガニスタンでタリバーンが勢力を失ったあとで、国連教育科学文化機関(ユネスコ)は、ここを歴史的史跡であると宣言した。彼らが始めたのは、地域住民や信仰者、考古学者に対して、仏像を再建すべきかどうか、直接問いかけることだった。討議は終了までに数年を要した。例えばドイツの考古学者はこれらの像の再建を強く望んだが、ユネスコは、“あらゆる記念碑的再建築は本来の素材をもってなされなければならない”とするウイーン憲章にのっとって運営されている。

「不在」をデザインする

ユネスコが決定したのは「再建しない」という選択肢だ。その代わりに彼らは、バーミヤン渓谷の新しい文化施設の建築コンペティションを用意した。これは仏像の破壊を歴史に記すとともに、考古学的な取り組みを支援するものだ。

M2Rの受賞案は「Descriptive Memory:永遠なる不在の存在(The Eternal Presence of Absence)」と呼ばれるものだ。完成予想図からすると、築かれる予定の庭園はとても平和で、数世紀も昔に丘陵の内部に建設された聖域の現代版のようだ。

Tea-House

M2Rは、米ニューヨーク市「9月11日記念博物館」建築の際と同じようなデザイン上の課題に直面した。それはつまり、その施設が記録する惨禍がごく最近起きた場合、そこを訪れる人々はその惨劇を実際に目撃した人たちであり、そのとき適切な表現とはどうあるべきか、ということだ。

そしてM2Rは、破壊された仏像が残す陰の空間をコントロールするアプローチを採用した。

彼らはこう語る。「わたしたちはこう考えました。『この息を呑むような景観とこの地域の文化的影響の深さを考えれば、新たな文化施設はこの場所の上に展開されるべきではない』。近年の建築の多くがイメージと視覚にとらわれるようになってきましたが、すべての建築が記念碑とはなりえないのです」

これからのデザインを体験する! 「WXD」イヴェント開催決定

時間、食、安全、旅、遺伝子、UI…。ぼくらをとりまくすべての「デザイン」について考え、体験するプログラムが目白押し! 5月9日(土)からの約1カ月間にわたり日本各地でさまざまなテーマで行われるワークショップと、6月6日(土)に行われる1Dayカンファレンスを通して、「未来のデザイン」の姿を明らかにする! 4/5まで、チケット早期割引を実施中。詳細はこちらから

TAG

AfghanistanArchitectureDesignGalleryHistoryMuseumWIRED US