罫線と特殊方眼の両方が使える見開き、ペンや名刺、スマホを入れられるカヴァーを携えた「STORAGE.it」は、アイデアを生み出すサポートをしてくれるノートだ。Wantedlyの仲暁子と、作家/デザイナーのクレイグ・モドの2人に、このSTORAGE.itを使ってもらった。二人はアイデアをどうやって生み出しているのか。ノートでアイデアはどう変わるのか。

「クリエイティヴなビジネスとデザインを生み出すノート「STORAGE.it」:クレイグ・モドとWantedly 仲暁子の使い方」の写真・リンク付きの記事はこちら

「週末にブレストをするときに、ノートをよく使うんですよ」と言いながら、仲暁子は図とイラストがぎっしり書かれたノートを取り出した。

ビジネスSNSを運営する「Wantedly」の創業者でありCEOである彼女は、経営者として思考を整理するためにノートを活用しているという。

「考えをまとめなきゃいけないな、と思うときがあるんです。そういうときには、週末に予定をいれずに、ノートを持ってカフェに行きます。そして集中して、思考をまとめるようにしています」

開いたノートには、事業の全体図や組織図がきれいに描かれていた。アプリのUIのラフまである。

「書く作業は昔から好きで、大学生のころからいろんなことを図式化するようになりました。最近は四半期に一度、会社のヴィジョンを社員に共有するタイミングがあるので、頭にためておいたアイデアや考えを整理するのに使っています。会社ではホワイトボードを使うこともありますが、外で考えたいときにはノートが一番便利ですね」

_DSC5697

仲暁子|AKIKO NAKA
ウォンテッドリー CEO。1984年生まれ。京都大学経済学部卒。ゴールドマン・サックス証券、フェイスブックジャパンを経て、2010年9月に現ウォンテッドリーを設立。画期的なビジネスSNSサーヴィス「Wantedly」を開発し、12年2月にリリース。15年4月に名刺管理機能「シンク」のβ版をリリース予定。

アウトプットが多い分、インプットもするように心がけているという。

「週末によく書店に行きます。古典的な本をよく手にとりますね。難解なものほど、得るものが多いなと思います。本を読んでいるときひらめくことが多いんですよ」

読書と仕事の結びつきを、仲はこう分析する。「Wantedlyは、『はたらく』を面白く、をミッションに掲げているので、それを支える要素は何なのか、を考えるんです。例えば、社員にもすすめている『モチベーション3.0』や『幸福論』といった本で書かれていることを整理して、相関図にしてみる。すると、同じことを言っているな、とか、それぞれの要素の関係性が見えてきて、シンプルに考えられるようになるのです。そこから、Wantedlyの方向性が見えてくることもあります」

そしてノートを使って考える利点についてこう語った。「経営者として、考えなければいけないことはたくさんあります。でも、一度全部書き出してみて、定量化してみて、仮説を出してみる。このプロセスを経れば、決断しなければならないときに迷う事はぐっと少なくなります。もし、それが失敗したなら、仮説が間違っていたんだな、ということが分かるから。そのプロセスにおいてノートは、心強い味方です。STORAGE.itは、カヴァーもしっかりしているからバッグのなかでつぶれたりしないのがいいですね。あと高いノートは捨ててもいいメモ書きのように気軽には使えないのですが、これはお手頃なのもいいところだと思いました」

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN

1/5すらすらと絵を書いていく仲。オフィスには彼女が描いた漫画も置かれていた。

2/5漫画家を目指していたこともあって、似顔絵は朝飯前。

3/5深く関わるサーヴィスのUIは、自分で考えることもあるという。

4/5ペンや名刺などをカヴァーに収納できるのもSTORAGE.itの便利なところ。これひとつでカフェに行ける。

5/5大学生の時にパワーポイントを使うようになったのがきっかけで、図式化が得意になったそうだ。

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN

すらすらと絵を書いていく仲。オフィスには彼女が描いた漫画も置かれていた。

漫画家を目指していたこともあって、似顔絵は朝飯前。

深く関わるサーヴィスのUIは、自分で考えることもあるという。

ペンや名刺などをカヴァーに収納できるのもSTORAGE.itの便利なところ。これひとつでカフェに行ける。

大学生の時にパワーポイントを使うようになったのがきっかけで、図式化が得意になったそうだ。


_DSC7847-05

スラスラとイラストを書いていくモド。いつも黒、グレー、赤の3色のペンを使っているという。

自身で出版社を経営していたこともあるクレイグ・モドは、紙のプロダクトについてはうるさい。昨年12月に上梓した著書『ぼくらの時代の本』では、(デザインの観点から)キャプションの文字数も指定するほどで、「担当編集者に『モドさん、面倒くさい人』と言われてしまいました…」と振り返る。「本は永久に残るものだから、細かいところまでこだわるべき」と、強い思いをもっている。

普段、常にノートを持ち歩いているという彼は「STORAGE.it」をどう感じたのだろうか。

「表紙のPVCの触り心地がいい。それでいて丈夫で、安心感がある。ページ数もちょうどいい」と語る一方で、デジタルの時代だからこそ、よりマテリアルの重要性が増してきているとも述べる。

「ぼくたちは1日中スマホを操作している。だから、プロダクトに触れたときの接点たるテクスチャーがより大事になってきていると思う。もっとオーガニックな感触のもの…。例えば、裏表紙の素材をコットンにするといいかもしれない」と、アイデアも提案してくれた。

_DSC7821

クレイグ・モド|CRAIG MOD
作家、デザイナー、開発者。2011年、iPhoneアプリ『Flipboard』のプロダクトデザインを手がける一方で、作家としてMacDowell Colonyライティングフェローに選ばれる。2012年にはIT起業家としての業績を認められTechFellow Awardsを受賞。また出版シンクタンク「PRE/POST」を設立し、紙と電子の本をプロデュースしている。現在はエヴァン・ウィリアムスらが立ち上げた「Medium」のアドヴァイザーや、スマートフォン用ニュースアプリ『SmartNews』のUIデザインアドヴァイザーなどとして幅広く活躍している。

デザイナーの仕事が3割、作家としての仕事7割を占めているという彼は、現在小説を執筆しているという。考えるとき、彼は必ずPCから離れるようにしているそうだ。

「いまはスマホやSNSなどの誘惑がたくさんあって、ひとつのことになかなか集中しにくい環境になってしまっている。だから原稿を書くときは、スマホもPCも電源をオフにして、インターネットの回線も切って考えをめぐらすようにしているんだ」と、集中のコツを明かしてくれた。毎日午後2時まではスマホやPCにさわらないようにしているそうで、原稿を書くのも、タイプライターを使っているという。一度書き出すと“前に進むしかない”ところもタイプライターのいいところだという。

環境づくり以外に、考えをめぐらす時間を半年に一度もうけるようにしていることも、アイデアの源泉になっているそうだ。

「昨年は、ケヴィン・ケリーが来日したときに彼と1週間かけて、中山道を歩きました。旅行というより瞑想に近い行為な気がします。自分ではない誰かと一緒に長い時間を過ごすと、その人と親しくなれるだけでなく、会話のリズムも変わってくる。そういう時間も大事にしています」

そして「そのような野外活動のときにもSTORAGE.itはいいかもしれない」と付け加えてくれた。

彼が見せてくれたノートには、デザインのラフや、執筆中だという小説の主人公の一生がグラフのようになって描かれていた。黒のペンとグレーと赤のコピットを使い、3色とは思えない奥行きのあるイラストは、それだけで作品のようだ。オフラインの作業を大切にする彼にとっても、STORAGE.itは強い味方になってくれる。

[STORAGE.it|MARKS]

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN

1/3太めのペンもしっかり収納してくれるカヴァー。

2/3厚めのカヴァーのため、膝の上のような不安定な場所でも使いやすかった、とモド。

3/3意外にもグレーのペンが活躍している様子。左ページの特殊方眼はイラストが書きやすかったようだ。

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN

太めのペンもしっかり収納してくれるカヴァー。

厚めのカヴァーのため、膝の上のような不安定な場所でも使いやすかった、とモド。

意外にもグレーのペンが活躍している様子。左ページの特殊方眼はイラストが書きやすかったようだ。