日本政府 首都直下地震の対策方針となる「緊急対策推進基本計画」を改定

  • 政府が31日、首都直下地震に対する「緊急対策推進基本計画」の改定を決めた
  • 今後10年間で火災防止策を進め、最悪の場合の死亡者数などの半減を目指す
  • 経済の中枢機能維持の他、石油コンビナートの防災対策強化なども盛り込んだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング