ドイツ機墜落 副操縦士は免許取得前にも自殺の兆候があり治療も

ざっくり言うと

  • ドイツのジャーマンウイングス旅客機が24日、仏のアルプスに墜落した事故
  • 副操縦士はパイロット免許の取得前、自殺の兆候があり治療を受けていた
  • 今後は、自殺の兆候について会社などが把握していたかが焦点となる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング