ハリル流を具現化したい青山、持ち味の縦パスに「そこは意識して」

写真拡大

 ブラジルW杯以来の代表復帰となったMF青山敏弘(広島)は31日のウズベキスタン戦(味スタ)に出場すれば、昨年6月24日のW杯グループリーグ最終戦・コロンビア戦以来、約9か月ぶりの代表戦となる。バヒド・ハリルホジッチ監督は27日のチュニジア戦(2-0)からメンバーの入れ替えを明言しており、青山も「準備はしています」と力強い。

「(W杯は)もう過去のこと。今やるべきことをやって、新しい監督が求めていることを自分も求めて、結果を出したい」。ブラジルW杯後は一時、腰痛で離脱していた影響もあり、ハビエル・アギーレ前監督時代は日本代表に招集されなかった。ハリルホジッチ監督が就任し、その初陣で代表復帰。青山にとっての日本代表の“時計”が再び動き出した。

 ボールを奪ったあとは縦に速く攻める意識を強く求めるハリル流サッカーは青山のプレースタイルにもマッチしそうだ。ベンチから試合を見守ったチュニジア戦について「監督のジェスチャーやリアクションを見ていると、ボールを取ったあと縦に入れるパスをもっとやっていいのかなと思った」と振り返り、「そこは意識してがんばります」と、自分の持ち味でもある縦パスに積極的にトライするつもりだ。

 全体練習後はMF登録の選手が居残りでミドルシュートを打っていた。ハリルホジッチ監督はチュニジア戦の反省点としてミドルシュートが少なかったことも挙げており、「(ゴールまで)30m、40mでもミドルシュートを狙う」よう指示している。遠めからのシュートに関しても「僕は意識してます」と短く答えた青山。指揮官の目指すサッカーをピッチ上で具現化する。

(取材・文 西山紘平)