“ホーム”味スタでの代表戦に意気込む太田「ここで結果を出したい」

写真拡大

 “ホーム”での代表戦に強い決意を見せた。日本代表DF太田宏介(F東京)は味の素スタジアムで行われた公式練習後、「変な感じがした」と苦笑い。所属するFC東京の本拠地でもある味スタでのウズベキスタン戦に向け、「一番思い入れのあるスタジアムだし、ここで結果を出したい気持ちは強い」と意気込んだ。

 バヒド・ハリルホジッチ監督は練習前に公式会見に出席し、27日のチュニジア戦(2-0)からの改善点としてアーリークロスが少なかったことを挙げた。ミーティングでもチュニジア戦の映像を選手に見せ、「もうちょっとアーリークロスを入れてもいい」と指示。この日のミニゲームでもサイドの選手が速いタイミングでクロスを上げるシーンが目立った。

 ミニゲームでは太田のアーリークロスにMF香川真司が飛び込み、ヘディングで合わせる場面もあった。キックの精度が持ち味の一つでもある太田。「今日の練習もそういう意図があったと思うし、個人的にはクロスのフィーリングも良かった。そこは自分の武器でもあるし、意識してやっていきたい」と力を込めた。

 チュニジア戦ではA代表初選出のDF藤春廣輝が左SBで先発し、代表デビュー。DF長友佑都がケガで参加を辞退する中、新たなライバルも出現したが、指揮官の求めるピンポイントクロスで代表定着へアピールする。

(取材・文 西山紘平)