名和晃平《PixCell-Lion》/東京オペラシティ アートギャラリーWebサイトより

写真拡大

東京オペラシティ アートギャラリーにて精神科医・高橋龍太郎さんの収集による現代アートコレクションを展示する「高橋コレクション展 ミラー・ニューロン」が、2015年4月18日(土)から6月28日(日)にかけて開催される。

【日本現代美術の特異性 精神科医が収集したミラーニューロンとは?の画像・動画をすべて見る】

本展では、高橋さんが日本のアートと文化を考えるためのキーワードとして提案する「ミラー・ニューロン」をタイトルに冠し、歴史的な視座から、日本現代アートの流れを読み解いていくという。

草間彌生さん、舟越桂さん、名和晃平さん、Chim↑Pomなど、大ベテランから若手まで、そうそうたる顔ぶれの52人の作家の、約140点にも及ぶ作品を展示する。

日本の現代美術家そろいぶみ ミラー・ニューロンとは?



「高橋コレクション」は、1990年代以降の日本のアートシーンを俯瞰するうえで欠かせない存在として、アーティストや批評家、コレクター等から高い評価を得てきた。

高橋龍太郎さんは、奈良美智さん、村上隆さん、会田誠さん、ヤノベケンジさんといった、日本の現代アートを代表する作家たちにいち早く注目し、コレクターとして名を馳せた人物。

また、近年では日本の現代美術の重要な動向とされる「もの派」をはじめ、ベテラン作家の作品も積極的に収集する姿勢を見せている。前述以外にも、横尾忠則さん、山口晃さん、Mr.さん、束芋さん、町田久美さんなど、多くの有名作家が名を連ねている。

日本現代アートの歴史をなぞりつつ、その重要な部分を凝縮して再確認できる展覧会となりそうだ。本展に寄せて、高橋龍太郎さんは、「ミラーニューロン」について以下のようにコメントしている。



ミラーニューロンはイタリア、パルマ大学のジャコモ・リゾラッティによって、1996年発見された神経細胞である。実験者がエサを拾い上げたときに、それを見ていただけのマカクザルが、エサを取るときと同じ脳の部位が活動したことに由来する。このように他者の行動を自分もやったかのように映すニューロンは、人間にも存在することが確かめられている。

人間はこのミラーニューロンによってもたらされる模倣行動によって、他者の行動を理解し共感する。人間の言語をこのミラーニューロンによって獲得されたものとする学説もある。

しかし人間にとって最大の模倣は自然への模倣だろう。アリストテレスは、芸術は自然を模倣するとして、模倣(ミメーシス)を人間の本質と高く評価した。

1980年代以降現代アートは模倣と引用によるシミュレーショニズムの影響なくしては語れない。しかしシミュレーションといえば、日本には本歌取り、見立て、やつし等、千年の歴史がある。とするなら日本の現代アートシーンは、正面に西欧のアートミラーがあり、背後に千年の伝統ミラーを見据える合わせ鏡の只中にあることになる。

それは世界のアートシーンのなかの稀有な痙攣する美になるのか。はたまた無限に映し返される煉獄に過ぎないのか。

高橋龍太郎さんのコメント