ハリル監督、ウズベク戦へ先発総入れ替えを示唆

写真拡大

 日本代表は30日、試合会場の味の素スタジアムで公式練習を行い、右大腿ハムストリング筋挫傷と診断されたDF酒井宏樹(ハノーファー)を除く28選手で31日のウズベキスタン戦に向けて最終調整した。

 練習前にはバヒド・ハリルホジッチ監督が公式会見に出席。「明日は1試合目とまったく違うメンバーを組みたいと思っている」と、27日のチュニジア戦(2-0)からスタメンを総入れ替えする考えも示唆した。

「少しリスクがありすぎるかなとも思うが、この合宿に来てくれたほとんどの選手を使おうと思っている。この合宿に参加したすべての選手に関して試合を通して知識を深めたい」

 当然、勝利にもこだわる。「1試合目に関しては本当に満足している。選手には2試合目も勝利するよう求めている。勝利に対するダイナミックさを続けるように言っている」。初陣となったチュニジア戦は2-0で勝利。連勝で6月に始まるW杯アジア予選へ弾みを付けるつもりだ。

 W杯予選のライバルともなるウズベキスタンだが、直近の対戦では日本がホームで敗れている。12年2月29日に豊田スタジアムで行われたブラジルW杯アジア3次予選の最終戦。すでに両チームが最終予選進出を決めている状況だったが、ホームでウズベキスタンに0-1で敗れ、9度目の対戦にして初黒星を喫した。

「ウズベキスタンは前回、(日本の)ホームで我々を倒した。もう一度、彼らに挑戦し、勝ちたいと思っている」。アルベルト・ザッケローニ監督時代の敗戦だが、ハリルホジッチ監督は“リベンジ”も強調した。

「今朝、分析したのだが、これまでの日本代表がどのようなプレーをしていたのかと比較しながら、守備に関しても攻撃に関しても、(チュニジア戦では)前の日本代表より向上したことが見られた」

 初陣で日本の進むべき道を示せたと語る指揮官は「3、4日間でいきなり向上することはフットボール界ではあり得ない。さらに年月を重ねてトレーニングしないといけない」と、継続性が重要だと強調。「1回目の合宿が良い結果になることを期待しているし、日本がさらに前に進めるよう期待している。向上しながら勝つという道を進んでいきたい」。初陣となる2連戦を2連勝で締めくくるつもりだ。

(取材・文 西山紘平)