究極の“太鼓持ちの達人”!? 個性派俳優・手塚とおる 「人は一生懸命、過剰に生きている」
「正しいほめ方」を笑って学べる新感覚ドラマ『太鼓持ちの達人〜正しい××のほめ方〜』http://www.tv-tokyo.co.jp/taikomochi/(テレビ東京)。シミュレーションオンラインゲーム上で、「太鼓持ちの達人トリオ」(手塚とおる、柄本時生、木南晴夏)が援軍となり、コミュニケーションに悩む人々に、相手の特徴を見極め、地雷を踏まない絶妙な“ほめワード”を授ける。

 例えばターゲット、「ネガティブ女子」。【特徴1:「恋愛が絡むと極度に面倒」 特徴2:「何を言っても『でも』で返される」 特徴3:「ネガティブ中、嬉しそう」】 そして最大の特徴は、「浮き沈みが激しい」。そんなネガティブ女子をイチコロにする“ほめワード”は、「先回りして考えちゃうなんて、頭が良すぎるんですよ」「そんなに頭良すぎたら疲れちゃいますよ」「自分への評価が低すぎるんですよ」。トドメの一言は、「みんなから頼られすぎちゃうんですよね」。……なんてドストライクに刺さるフレーズ!

 その他、忙しぶる男、攻撃的ブス、中二病引きずり男子、若手成金、アグレッシブすぎる料理好きなど、「こういう人、いるわぁ〜」という厄介な人たちへの絶妙な“ほめワード”の数々に、目から鱗が落ちること間違いなしだ。今夜0:28からの最終回を前に、ドラマの見どころ、正しい褒め方とはどういったものか、主演の手塚とおるさんにお話を聞いた。

――視聴者が「この人、自分だ!」と共感できるキャラクターが必ず登場しますよね。第2話の“ネガティブ女子”は、まさにわたしだと思いました。

ネガティブ女子に共感したという人、すごく多いんですよ。でもその反応は全く想像していなかったです。撮影する途中で、スタッフの人たちも「コレわたし」みたいなことを言うようになって、「あ、そういう風に見ているんだ」ということに気づいて、そこから変わりましたね。ちょうど2話くらいからシフトチェンジしました。

――ネガティブ女子からのシフトチェンジ! どのように変えたのでしょうか?

視聴者の方がそれだけご自分に近づけて見てくれるなら、もっと極端にしたほうがいいなと思ったんです。キャラクター的にもっと過剰にしたほうが、「これ、自分」という自虐もできるし、他人に対しても「あの人、こうだよね」と言いやすいだろうなと。あまりリアル過ぎても笑えないので(笑)。なので、もっと大きく演じようと思いました。

――かなりの反響でしたが、このドラマがウケた理由はどういったところだと思いますか?

HOW TOモノをドラマにするということ自体が珍しいですよね。原作(『正しいブスのほめ方』『正しい太鼓のもち方』)が非常に面白いです。HOW TOモノって、自分をどう変えるか、みたいな自己啓発だと思うんですけど、それってハードルが高いんですよね。この原作とドラマがすごいのは、「ダメだったらダメでいいんだよ」というスタンス。自分が変わる必要はなくて、その日をどう回避するか、地雷をいかに踏まないかが大事だというのは、HOW TOとして正しいなと思いました。

普通ドラマの展開は、登場人物が成長するとか、学習していってそこから反対の立場になるとかなんです。でもこのドラマは、例えば「やさぐれデブ」だったら、「痩せろ」じゃなくていい。そこはそこでいい。じゃあ、その人が良いところってどこなんだろう?というところを見つけていって、そこを褒めればとりあえずその人との関係性は回避できる。そこがこのドラマのすごいところだと思いますね。

――褒め方の習得をサポートする「太鼓持ちの達人」トリオ(手塚とおる、柄本時生、木南晴夏)は、ドラマを通して成長していきますよね。

ドラマの最後の数分で、オンラインゲームではなくただの日常を送っている僕たちが出てくる、という構成です。ゲームのキャラクターとはかけ離れた生活を送っている3人がどう変化していくか、というのが最終回にバッと出てきます。そこまではどう繋がっているのか全く分からずに進んでいくんですけど、最終回はそこが明らかになりますね。