あなたは毎日4,000リットルの水を消費している:水についての8の事柄

写真拡大

現在も25億人が十分な水なしで暮らしている一方で、先進国では、1人あたり毎日4,000リットルもの水を消費している。「無自覚な」水の消費に関する10のパラドックスだ。

「あなたは毎日4,000リットルの水を消費している:水についての8の事柄」の写真・リンク付きの記事はこちら

「より健康で、美しくあるためには1日にグラス8杯の水を飲むのがいい」というのは有名だ。しかしわたしたちが毎日摂取している水として、それ以外に、“巡り巡ってわたしたちの食卓に帰結する”水消費も、存在する。

そうした水は「仮想水(virtual water)」と呼ばれていて、わたしたちは食物を得るために、毎日4,000リットル以上を消費している。これは、バリッラ基金の食品栄養センターがマルタ・アントネッリの協力で行った研究によって明らかにされたパラドックスの1つだ。

以下、8つを紹介しよう。

1.人が1日に飲む水の量は2リットル。食糧を得るために消費する水の量は4,000リットル

わたしたちは、水の消費量は自分たちが実際に「飲む」、2リットルに限られていると考えている。しかし、実は知らないうちに、4,000リットルもの水を消費している。これは、「仮想水」と呼ばれていて、食物を生産するために使われる水の量だ。

2.1kgの肉を生産するために15,000リットルの水が必要

数値は飼育の仕方によって変わる。放牧と比べて、集約型は水を3倍を必要とする。生産するのに莫大な量の水を必要とする濃厚飼料が原因だ。

3.消費される水のほぼ90%が、食糧生産に用いられる

『私たちが食べている水』(原題:L’acqua che mangiamo)の著者、マルタ・アントネッリは、イタリアの水消費の89%が、食糧の消費のみに起因することを明らかにした。

4.世界中の人が西洋風の食生活をすると、水の消費量は75%増える

西洋風の食生活のなかには、仮想水の消費に関しては非常に経済的な地中海式食生活(*)も含まれるが、基本的には肉の消費を基本としている。動物由来の食品消費が増えると、世界の水の無駄は75%増加する。


(*)地中海式食生活:地中海沿岸の伝統的な食生活・食事法。主食となる穀物をしっかり摂る一方で、肉類の摂取はわずかに抑えたもの。野菜、果物、豆類などの植物性食品と、オリーヴオイル、チーズなどの乳製品や新鮮な魚介類などを中心にしている。


5.動物由来の食糧生産の方がより多くの水を使う

動物由来の食糧の生産は、果物や野菜の生産よりも多くの水を必要とする。これは多くの予想を裏切る事実ではないだろうか。

6.毎年廃棄される食糧の損失は、レマン湖3つ分に相当する

仮想水の過度の消費は、食糧生産によってだけではなく、その無駄遣いによっても生み出される。毎年13億トンの食糧が無駄になっている(世界の生産の約3分の1だ)。その結果損失は毎年250立方キロメートルにおよび、スイス・ジュネーヴのレマン湖3個分の量に等しい。

7.2050年には、さらに20%多くの水が必要となる

2050年、地球上で90億人の人が暮らすようになると、何が起こるだろうか? 食物を得るために、20%の水消費が増加するだろうとされている。

8.年2,400立方キロメートルという「世界的な水の負債」

水の負債も増加するだろう。食べ物のために失われる水は、年に2,400立方キロメートルとなるだろう。その量に相当するレマン湖30個分が消滅するのを、想像できるだろうか? これが、無駄になっているであろう水の量だ。

2020年までに食糧の浪費を(したがって水の無駄遣いも)50%減らすことが、ミラノ・プロトコルの目的のひとつだ。これは、バリッラ基金が500人以上の国際的な専門家の助力により立ち上げたプロジェクトで、食物に関する現代の大きなパラドックスに対する返答だ。しかし、変化は、日々テーブルに座って水を消費する人に情報を伝えることから始まる。

関連記事世界の水問題を解決する「飲める本」

TAG

BusinessFoodWaterWIRED IT