ポイントは馬鹿にできない!? 買い物は「現金」派? 「カード」派?

写真拡大

買い物をするとき、手元に現金がないときでも支払いができるクレジットカード。小銭がかさばって財布がパンパン……ということもなく便利ですが、使いすぎると請求月に驚くような金額になることも。散財防止のために、できるだけ現金で支払いをするようにしている、という人もいますよね。そこで今回は、女性のみなさんに買い物をするときの支払い方法は「現金」派か「クレジットカード」派か、ズバリ聞いてみました。

Q.あなたは、買い物をするときは「現金」派ですか? それとも「クレジットカード」派ですか?
クレジットカード……60.1%
現金……39.9%

「クレジットカード」派のほうが多い結果となりました! それぞれの意見を見てみましょう。

<「クレジットカード」派の意見>

・「おつりなどのやり取りが面倒じゃないし、ポイントもたくさんたまるから」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「あまり大金は持ち歩かないので、カードが多い」(30歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「貯まるポイントは馬鹿にできないので」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「ポイントもためられるし、使い過ぎないように管理すれば便利だから」(25歳/情報・IT/事務系専門職)

・「クレジットカードのほうが早くて手軽だから」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

クレジットカードを使う最大のメリットは、お店によって「ポイント」がためられるということみたい。自分がよく利用するお店と提携しているカード会社を選べば、効率よくポイントがためられて、オトクですよね。また、スムーズな支払いができるのも魅力。カードで支払った金額をしっかり把握しておけば、請求月に慌てる必要もなく、かしこい買い物ができそうです。

<「現金」派の意見>

・「手元にあるぶんしか使えないので、ムダづかいしなくなるから」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「クレジットだと、忘れたころに請求が来るから」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

・「後払いというのは気が重いので、その場で払ってしまうほうがいい。また、割と物欲のある自分の性格を考慮し、クレジットカードは持ったことがありません」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「いくら使ったか管理がしづらいので、基本的には現金にする」(24歳/情報・IT/技術職)

・「その場で使うから、安心感がある」(30歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

現金で支払えば、その場で使った分だけお金が減っていくので、家計の管理もしやすくなります。むやみにカードを使うと、あとになって支払いに追われてしまうことも。つい衝動買いをしてしまいがち……という人は、ムダ使い防止のためにも、なるべく現金で支払うようにすれば、手持ちがないときは、あきらめられるクセがつくかも。

現金とクレジットカード、それぞれ異なるメリットを持つもの。買い物をするときはどちらか一方だけ、という使い方だけではなく、シチュエーションによって支払い方法を変えて、かしこくお金の管理ができるといいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年3月にWebアンケート。有効回答数233件(22歳〜34歳の働く女性)