ロボット掃除機がすべきことを、ルンバは教えてくれる

写真拡大

いま、家電メーカー各社が「ロボット掃除機市場」に参入している。そのとき引き合いに出されるのが、この市場に最初に打って出たiRobotの「ルンバ」だ。大手の参入によってロボット掃除機がより浸透していくであろうなか、第一人者たる彼らが、ある種泰然と傍観しているように見えるのには、創業当時から構築された、確固たるブランドの意志がある。

「ロボット掃除機がすべきことを、ルンバは教えてくれる」の写真・リンク付きの記事はこちら

はじめに、いくつかの言葉を引用しよう。まずは、iRobotのCEO、コリン・アングルがわれわれWIRED.jpのインタヴューに答えた際の言葉だ。

「ロボットは本来こうあるべきだ、という考え方を捨てて、わたしたちはロボットが人々の社会へより良く貢献する方法を考えてきました」

それから、US版『WIRED』のスターライター・スティーヴン・レヴィは、iRobot創業メンバーのひとりで、ロボット工学の権威たるロドニー・ブルックスにインタヴューし、次のように書いている

「『ルンバ』は、部屋にある障害物をすべて把握しないし、それらを最も効率的な方法で避けることもできないが、どうやったら動き続けることができるかは分かっている」

かつてまだ「ロボット」がSF世界の創造物であったころ、人々がロボットに対して抱いていたイメージは、二本脚で歩行し、ぎこちないながらも冗談を織り交ぜた会話が可能な「なんでも屋」だった。

いま、現実社会に多くの「ロボット」が登場するようになって、「人型ロボット」への期待(あるいは関心)は、失われつつある。極言すれば、「人間がやらなくてもいいタスクを処理する」という確固たる目的をもって、「手をかけずとも機能する」ものこそが、いま求められているロボットだ。

そうした意味で、1990年にコリンやロドニーら、米MIT(マサチューセッツ工科大学)出身者で設立され、当初からロボットが社会でどう役立つかを考えてきたiRobotのロボット開発姿勢は先進的だったといえる。アメリカ政府からの受注や、NASAとの共同開発。2002年に家庭用向け製品として発売されたロボット掃除機「ルンバ」。先の震災後、福島第一原発事故の事後処理でも活躍した「PackBot」(パックポッド)も、彼らの手によるロボットだ。

大手メーカーが次々にロボット掃除機市場に参入しているいまだからこそ、彼らの開発を支える思想を見直してみると、高度にロボティクスが発達し、さらにそこに欠かせないAI技術をどうアグリゲートしていくべきかが見えてくる。


「ロボットはどう動くべきか?」という問いに答えるiRobotの思想を表したムーヴィー。そのロボットメーカーとしての思想が家庭に持ち込まれ「ルンバ」に結実している。

前述した通り、iRobotはその設立以来、数々の産業用ロボットを開発してきた。

例えば「Genghis」(ジンギス)は、地球外を探査することを目的に開発された昆虫型ロボットだ。海洋探査ロボット「Seaglider」(シーグライダー)は深海においても長期間活動できるように開発され、作業用ロボット「PackBot(パックボット)」紛争地域や災害地域の現場でがれき処理などにあたるためにつくられている。地雷探査ロボット「Fetch」(フェッチ)は、どこに地雷が埋まっているかわからない地雷原で、効率的かつ確実にすべてのエリアを探査する。

それらに共通していえるのが、「とりあえず、動く」ことを主眼においたAIを搭載している、ということだ。

前述したロドニーは、ロボット工学に生物学を取り入れたことで知られている。MITの彼の研究室がとった手法は、昆虫の振る舞いを単純なコマンドへと置き換え、それを6本足のクリーチャーにプログラムする、というものだった。

例えば「障害物に行き当たったら、脚を高く上げる」といった指示を、プログラマーが機械に教え込む。そうすれば、そのクリーチャーは、自分自身でより複雑な地形を歩いていくことが可能になる。

彼らの理論に基づけば、AIはまずは「危険を回避する」。そして「行動」し、「目的」を果たす。3つの基本的な思考回路になっているので、事前情報は何も必要とせず、リアルタイムで素早い判断が行われるわけだ。産業用ロボットにはとくに、極限地域でシビアな行動が求められる。満を持して投入されたロボットが、いざ現場で動かなくなってしまっては目も当てられない。


ルンバ800シリーズは全世界に先駆けて、2014年3月1日に日本で発売された。

そしてこれは、iRobotのロボット開発の系譜において、家庭向けに開発されたルンバの場合も同様だ。

例えば、いま販売されているルンバの最上位モデル「ルンバ880」に搭載された「iAdapt(アイ・アダプト)」は、部屋のあらゆる状況に合わせて、自ら考え、行動するためにiRobotが開発した高速応答プロセスだ。

掃除をする部屋は、各家庭それぞれ一様ではないし、家具のレイアウトも日によって変わることがしばしばだ。

例えばイスの下の小さな空間に入ったとき、その脚にぶつかったルンバの人工知能は、自分がいま狭い空間にいることを瞬時に判断する。そして、「その場で小回りする」とか、「この角度に進めば効率的に抜けられる」などと、反射的に動作する。まさに動物的な脊髄反射で「瞬発的に、動く」のだ。

的確かつ状況に合うように、反射的に行動すること。そして、最も効率的かつ綺麗に掃除する方法を瞬時に割り出し、最適な行動を採用すること。それらすべて、「ロボットが人々の社会へより良く貢献する」という前述のコリンの言葉を裏付ける機能だといえるだろう。

ルンバはあくまで、「ロボット専業メーカー製」だ。あくまでもロボットだから、人間の手を煩わせるべきではない。

その思想の明確さには、ルンバ880に搭載された独自の吸引機構──特殊素材のローラーでゴミを浮かび上がらせ、モーターが生み出す気流で真空状態をつくり出すことで、糸くずやペットの毛などがブラシに絡まることがない──によって、メンテナンスフリーを実現したことをみても、気付かされるのだ。

ルンバ800シリーズ|iRobot

TAG

AIiRobotRobotWIRED Promotion