黒田博樹が凱旋勝利 「数センチの工夫」があったと評論家は語る

ざっくり言うと

  • 黒田博樹が、2740日ぶりの広島への凱旋勝利を復帰初先発の試合で飾った
  • 黒田について「プレートの一番一塁側の端を踏むようになった」と専門家
  • 「プレートの端を踏んだ方が、よりツーシームの効果があると考えた」と語る

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング