2試合の限定出場終了、欧州へと戻るFW南野「いい勉強になった」

写真拡大

[3.29 AFC U-23選手権予選(リオ五輪アジア一次予選)第2戦 U-22ベトナム 0-2 U-22日本]

 自身にとって、今予選最終戦となった。U-22日本代表FW南野拓実(ザルツブルク)はチームの意向もあり、AFC U-23選手権予選(リオ五輪アジア一次予選)では3試合中、最初の2試合にしか出場できない条件があった。

 初戦のU-22マカオ戦では途中出場となったが、第2戦U-22ベトナム戦では手倉森ジャパンで初の先発出場を果たす。4-2-3-1の左サイドハーフにポジションを取ると、特にトップ下に入ったMF中島翔哉(F東京)と好連係を見せてベトナムゴールへと迫った。

 そして前半23分にはMF大島僚太(川崎F)のパスをスルーして中島の決定機を演出すると、同43分には細かいパス交換から中島の先制点をお膳立てした。背番号10との連係に「自分がスルーした場面やゴールにつながった場面など、前半はよく感じるところもあった」と語りながらも、「後半は全体的に距離感が悪かったところもある」と中島だけでなく、チームメイトとより連係を高めていかなければならないと話した。

 今予選はオーストリアからU-22代表に合流するなど、自身にとっての初体験も多かった。だからこそ、「短い時間でどこまでコンディションを上げていくかいい勉強になりましたし、こうやって合流するのも初めてだったのでいい経験になりました」と海外から合流する難しさを感じつつも、今後につなげられると前向きに捉えている。

 U-22マカオ代表戦では1得点1アシスト、そしてU-22ベトナム戦では1アシストと結果を残した。「ミスはもっと減らせたし、もっと質を高められたと思います」と課題を挙げつつ、「ただ、予選突破に向けて優位になれたのは良かったかなと思います」と仲間が最終予選の切符を手に入れてくれることを信じ、戦いの場を欧州へと移す。

(取材・文 折戸岳彦)