2発のMF中島、仲間への感謝を忘れない頼れる背番号10

写真拡大

[3.29 AFC U-23選手権予選(リオ五輪アジア一次予選)第2戦 U-22ベトナム 0-2 U-22日本]

 勝利に導いたのは背番号10の2発だった。5-4-1と守備に重心を置くU-22ベトナム代表を攻めあぐねたU-22日本代表。しかし、前半をスコアレスで折り返すと思われた同43分、MF中島翔哉(F東京)が値千金の先制点を叩き込む。

 FW南野拓実(ザルツブルク)のパスをPA内で受けた中島。「拓実からすごく良いパスが来たので、そのまま打ちたかったけど、切り返して相手に取られそうになってしまった」とボールコントロールが少し大きくなってしまうが、南野がフォローに入ってボールは再び中島の足下に転がって来る。「本当は最初パスが来たときにきれいに決めたかった」と苦笑したが、左足で見事にネットを揺らして先制点をもたらした。

 そして1-0のまま迎えた後半アディショナルタイムには、右サイドのFW浅野拓磨(広島)からボールを受けると、試合を決定付けるダメ押しゴールを記録する。本人は「拓磨からすごく良いパスが来たので」と1点目同様チームメイトへの感謝を示しながらも、「余裕は意外となかったので、もっと余裕を持ってプレーできるようにというのは課題ですね」と反省を口にした。

 前半終了間際、そして後半終了間際という時間帯での2ゴールでチームを勝利に導いたが、本人は「まだまだ。満足できない」と飽くなき向上心を見せる。「もっと点を取れたと思いますし、今のままでは強い相手だと、もっと苦しくなると思う。だから、次の試合もしっかり成長できるようにしたい」とさらなる進化を遂げようとしている。

(取材・文 折戸岳彦)