初めて欧州から合流した南野「難しい部分もあっていい経験になった」

写真拡大

 AFC U−23選手権2016予選の第2戦が29日に行われ、U−22日本代表はU−22ベトナム代表と対戦。MF中島翔哉の2ゴールで勝利を収めた日本が、グループリーグ2連勝を飾った。

 同試合に先発出場したFW南野拓実は、「大事な試合だったので勝ててよかったです。細かいミスがあったので、そこは修正して次に繋げたいと思います」と試合を振り返った。

 南野は、今冬にセレッソ大阪からザルツブルクへ移籍。「初めて海外から気温差のあるところに来てやったので、難しいところもあったんですけど、いい経験になりました」と、これまでのとの変化を口にした。

 今回、南野は条件付きでの招集のため、出場はこの試合までとなる。チームの勝利を信じて所属クラブに戻る南野は、「オリンピックに行くという目標でやっているので、また次も(最終予選のメンバーに)選ばれたら自分の最大限の力を出したいです」と力強く語った。