これでいいのか手倉森ジャパン…指揮官「これも勝ち方」

写真拡大

[3.29 AFC U-23選手権予選(リオ五輪アジア1次予選)第2戦 U-22ベトナム 0-2 U-22日本]

 U-22日本代表は29日、リオデジャネイロ五輪1次予選となるAFC U-23選手権予選の第2戦でU-22ベトナム代表と対戦し、2-0で勝利した。2連勝の日本は、31日に行う第3戦のU-22マレーシア戦で引き分け以上の結果を残せばグループ1位で本戦突破を決める。

 苦しいゲームを強いられた。序盤からパスが回らず、ベトナムの激しいチェックに苦しんだ日本は、なかなかチャンスすらも作れない展開が続く。前半43分にMF中島翔哉が先制点を決めたが、ベトナムに同点機を作られるなど、冷や汗もかかされた。

 ただ、手倉森誠監督は、「勝ちは勝ち。点取らなければ取らせるなというふうに言っている」とコメント。「今日はこういう試合になると思っていた。大量ゴールが生まれないなりに選手たちはコントロールしてくれたと思う。これも勝ち方。こういう経験をどんどんするべきだと思う」と、及第点の評価を与えた。

 次戦は31日、開催地マレーシアとの第3戦になる。引き分け以上で自力で1位突破を決めることになるが、「もちろんそれ(1位通過)しか許されないと思う。今日苦しんだ分、次はいいゲームが出来ると思う」と、気合を入れ直していた。