ボミ、プレーオフで破れ今季初Vならず(撮影:ALBA)

写真拡大

<アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI 最終日◇29日◇UMKカントリークラブ(6,494ヤード・パー72)>
 イ・ボミ(韓国)は国内女子ツアーに参戦して、これまで4回プレーオフを戦い4戦全勝。実に通算8勝のうち半分をプレーオフで勝ち取ってきた。この4連勝は大迫たつ子、岡本綾子、不動裕理らと並ぶ連勝記録。この試合では笠りつ子とプレーオフになり勝てば新記録達成だったが、惜しくも敗れてしまった。

 プレーオフ2ホール目まで両者バーディ。「笠さんが先にバーディ、バーディを入れたから。すごいなあ、と思いました」。そして迎えた3ホール目、笠とは同じような距離でボミのほうが笠に断りを入れて先に打ったが、3メートルのバーディパット決めてプレッシャーをかけることはできず。逆に神がかり的なパットの冴えをみせた笠に決められ、今季初優勝は掴みとれなかった。
 「ショットは良くなったので、また来週頑張ります」、悔しさを押し殺し前を向いたボミ。この試合でショットの冴えは戻ってきた。この敗戦をバネに、今季の目標“賞金女王”へ。うつむくことなく前を見て戦いを続ける。
<ゴルフ情報ALBA.Net>