小型で1万円未満の格安スマホPolaroidPigu

写真拡大

 毎月のスマホ支払額の平均は6000〜7000円ぐらいで、どの調査をみても「安くしたい」という結果が出ている。その解決策として昨年からSIMフリーの格安スマホが注目を浴びているが、VAIO PhoneやXperia J1が本体価格5万円超というニュースに接すると、本当に安くできるのか不安になる。安いスマホ本体を買いたいならば、次にあげる3つの決断をすればよい。

■LTEをあきらめて3Gにする

 LTEとは4Gと呼ばれる通信規格のひとつで、NTTドコモは「Xi」(クロッシィ)、ソフトバンクモバイルとauは「4G LTE」と呼んでいる。それ以前の規格より10倍速く、通信キャリアが推奨する最新規格のため、派手に宣伝される新スマホはどれもLTE対応製品だ。ところが、このLTEのひとつ前の通信規格である「3G」のみに対応しているスマホだと、本体価格は2万円以下におさまる。

 約97グラムと小型で軽量の3.5インチスマホ「Polaroid Pigu」はLTEには非対応だが、1月に発売されたとき音声SIMとのセット価格で5000円を切り、安いと話題になった。キャンペーン時期を過ぎた今でも1万円を切っている。

 LTEでなければネットの遅さに不便な思いをするかもと心配かもしれないが、メール中心で外出時のネット利用は少なめであるなら、3Gでも十分だ。在京テレビ局で記者をしている30代男性が使っているスマホは2011年発売の3Gスマホ「Xperia ray」だ。

「メールをメインで使っているので不自由は感じません。地方出張が多いのでLTEはあんまり意味がないんですよ。3Gならかなり田舎でも繋がりますが、LTEはまだのところが多い。結局、LTE対応の新しい機種でも3Gでつながるなら同じことでしょう」

 SNSでもツイッターのように文字情報が中心ならば、通信速度はそれほど必要ない。いつでも画像や動画をスムーズに読み込みたいなら、公衆無線LANと組み合わせて利用すれば外出時でもスムーズにネットを楽しむことは可能だ。

■カメラの画質を追求しない

 自撮りブームに影響され、カメラ性能は大事だと考える人が少なくない。SIMフリー対応スマホでも「Xperia J1」のカメラは約2070万画素もある。しかし、これを500万画素以下にすると決断できれば、1万円前後の格安スマホ本体が検討対象になる。

 写真がきれいだという評価が定着しているiPhoneも、iPhone 4まではカメラは500万画素しかなかった。最新のiPhone 6でも背面カメラで800万画素、自撮りでよく利用される前面カメラに至っては120万画素にとどまっている。ならば、フリーテルの「freetel priori 2」は背面カメラが500万画素、前面カメラが200万画素で、LTEには対応していないがカメラの画素数ならiPhoneを上回る。しかも本体価格は約1万円と格安だ。

 そもそも、スマホで撮った写真はレタッチアプリなどで加工されることが多い。画素数は大きな問題にはならないだろう。

■防水・防塵機能を無視する

 日本では、お風呂や台所など水回りでも使え、海や山などアウトドアにも耐えられる防水や防塵対策が施された製品がスマホにも少なくない。しかし、実際にそういった場所でスマホは使われているのか?

 たとえば「入浴の目的・スタイルなどに関する実態調査」(パナソニック株式会社調べ)によれば、スマホ所有者のうちお風呂に持ち込むのは11.2%だ。持ち込むことそのものを「想像もしていなかった」という人が53.2%と半数以上にのぼっている。スマホをいつ、使っているのか振り返れば、防水機能が必須と言われる場面では利用していないことに気づくだろう。利用している人も、チャック式の密封袋を使うケースが多い。

 格安スマホ購入を決断する3つのポイントは、難しい決断だろうか。量販店のスマホ売場担当者は、「オーバースペックなものをみんな買っています」と苦笑いする。

「お客さんに迷っていると言われれば、もちろん5万円以上する最新機種をすすめます。でも、自分だったら機能を使い切らないよなぁと思いますよ。普通に仕事をしていたら四六時中スマホなんて使わないし、ちゃんと撮りたい写真は一眼レフで撮りますからね。格安スマホだと片手で操作できるくらい小型なものも選べるので、かえって便利だと思います」

 年度が変わる季節には、機種変更を試みる人も多い。スマホの使い方を見直して、格安スマホも検討してはどうだろうか。