2016年度の就職面接で聞かれるキーワードは「勉強」という。もはや「学チカ」ではない。作家で人材コンサルタントの常見陽平氏が解説する。

 * * *
 就活生の皆さん、突然ですが、大学時代に勉強したことを熱く語ることができますか? というのも2016年度の就活で鍵となりそうなのか「勉強」の話なのです。

 前回、「おわハラ(就活終われハラスメント)」の記事でもご紹介しましたが、大学、短期大学、高等専門学校で構成する就職問題懇談会は「大学等卒業・修了予定者の就職・採用活動時期変更に係る企業等への要請に関する申合せ」を取りまとめ、2月25日に発表しました。

 内容は、1.就職時期の変更について 2.就職・採用活動の公平・公正の確保について 3.採用選考活動における評価について 4.学生の健康状態への配慮についてという、大きく4つの柱からなっています。この件は、大学内での企業説明会でやってきた企業に書面で手渡しするように要望されています。

 この3つ目の項目において、「学業のことを選考でも重視するように」ということがうたわれています。「今般の就職・採用活動の後ろ倒しの趣旨を踏まえ、少なくとも卒業・修了前年度までの学業成果(成績や履修履歴等)を採用面接において活用するなど適切に評価していただきたいこと。」とあります。

 もちろん、これは「要請」であって、法的な拘束力はありません。ただ、企業の方も、ここ数年、「勉強のこと」を質問するのは「便利」であることに気づき始めたのです。というのも、よくある「学生時代に力を入れたことは何ですか?(通称:学チカ)」という質問では、聞くことができる内容に限界があるのです。意地悪な言い方をすると、「自分が好きなこと」を「自分と仲の良い人」と「できる範囲」でやったことを劇的に語っているだけ、ということになり得るわけです。

 勉強に関する質問というのは、その人の価値観、思考回路、行動特性がよりわかりやすいのです。なぜ、その科目を履修したのか、その科目で成績をアップさせるためにどのような取り組みをしたのかなどを聞いていく質問は有効です。学生は勉強するのが本業のはずで、それは重視するべきですが、同様に、これは便利な質問でもあるわけですね。

 大学というのは、基本は単位を取得し、卒業を目指すことが前提です。単位を取得するのは、いわば、「やらざるを得ない」ことです。社会に出ると「やりたいこと」よりも「やらざるを得ない」ことの方が多いわけです。この「やらざるを得ない」ことにどう取り組むかがわかるのも、勉強に関する質問が有効である理由です。考える力、何か新しいことを習得する力が強いかどうかもわかります。

 なお、ここで言う「勉強」の質問で問われるのは、「成績」というよりも「履修履歴」の方です。本来、大学では成績の評価基準が定められているのですが、その通りに運用されていないのは、明らかですよね。要するに、厳しいA先生と、優しいB先生では単位取得(しかも、良い成績をとること)の難易度は違いますからね。それよりも、なぜその科目を履修したのか、その科目で(結果はどうであれ)高い成果を出すためにどう取り組んだのかということが問われるわけです。

「学生時代に、頑張ったことが何もない」という学生にとっても、この勉強に関する質問は逆転のチャンスです。というのも、こういうことを言う学生に限って、大学の講義には熱心に出席したり、面白い科目に取り組んでいたりするのですよね。

 自分の通う大学は知名度、偏差値などにおいて不利だと思っている学生さん(失礼な言い方ですが)も、勉強のことを振り返ってみてください。意外に民間企業出身の教授などが、面白い講義を行っていたりするのですよね。

 企業と学生の間で成績情報のやりとりをサポートするための企業も登場しました。株式会社大学成績センターがそうです。学生はこのサービスを通じて、履修履歴や成績表を企業に送ることができます。企業はこのサービスを使うと、学生の成績を統一されたフォーマットで見ることができます。

 この「学業を重視する」というのは、個人的にも良い流れだと思っています。というのも、もちろん学生の勉強を評価するのは当然、というキレイゴトの話だけではなく、この取り組みというのは、実は教育機関としての大学の実態が問われ、論争が起こると思うのです。もともと大学からの要望も強かった就活時期繰り下げによって、大学が淘汰される動きがますます加速しているということが言えるでしょう。

 さて、学生の皆さん、あなたは勉強について熱く語ることができますか?