今日もグリーンに苦しんだ松村(撮影:ALBA)

写真拡大

<ハッサンII世トロフィ 3日目◇28日◇ゴルフ・ドゥ・パレロイヤル(6,951ヤード・パー72)>
 この日、第1組でスタートした松村道央。かねてから警戒していた海沿いホールの2番ショートで痛恨のダブルボギーを打つと、続く4番でもボギーとしてしまう。のっけから苦しい展開となった松村だが「昨日と同じガマンのゴルフ」と自分に言い聞かせ、時が来るのを静かに待った。
松村道央の3日目のプレーをフォトギャラリーでチェック!
 2番ショートは、松村だけでなく全選手にとって鬼門といっていいだろう。「風がなくても難しい。一発でグリーンに乗せる正確なショットが必要。それができないとトラブルになっちゃうホール」と松村は言う。事実、昨日の第2ラウンドで松村と同組だったスコット・ヘンド(オーストラリア)も、3日目の今日、ここでトリプルボギーを叩いたのを皮切りに5番、8番、9番、12番とダブルボギーを叩き、トータル「84」と大乱調。順位を大きく下げてしまった。
 その後、6番、7番で連続バーディを奪取した松村は、スコアを1オーバー(TODAY)にまで戻し後半へ。ここから一気に巻き返しを図りたいところだったが、11番、16番で再びボギーを叩く。
 初日はパターにだいぶ助けられた松村だったが、この日はパターが決まらない。バーディが獲れそうで獲れないホールがいくつもあった。
 原因は「自分のパッティングラインを信じられなかった。構えると、もうちょっと曲がるんじゃないかといろいろ雑念が入ってきて、なかなか思うようにいかなかったですね」
 パッティングラインは松村の目にどう映っていたのか?「微妙な位置にカップが切ってあるんで、一見やさしそうなラインにボールをつけても、ちょっと曲がるんじゃないかなと思っちゃう。その自信のなさが、(ラインを)膨らませて打とうとするメンタルを生んでいたんだと思います」と分析。
 雑念を払しょくし、ようやく自分を信じようと思ったのは17番のロングだった。「最初スライスラインに見えたんです。でも、よく見たらフックだった。それを信じて打ったらバーディが獲れた。ちょっと気づくのが遅かったですね…」
 結局3日目は、3バーディ・3ボギー・1ダボの「74」、トータル4オーバーでフィニッシュ。
 「早い時間帯のスタートで、しかもワンウェイ。ビリからでも5、6アンダー出せれば、優勝争いに加われるようなコースだとも思うんで、それをしたかったですけどね。一緒にまわったグレゴリー・ボーディ(フランス)がいいゴルフをしていたんで、ボクもついていきたかったですけど…」と3日目のプレーを振り返って苦笑い。
 最終日の明日は「まずは明日こそ2番でナイスショットを決めてリベンジしたいですね。捨て身の気持ちがあればアンダーパーのチャンスが生まれてくると思うんで、攻めていきたい」と話した松村、モロッコが誇る超難関コースに一矢報いることができるか楽しみだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>