唐草文様の彫金が美しい高級ドレスウォッチ

写真拡大

セイコーウオッチ(東京都港区)は、高級ウオッチブランド「クレドール」から"日出づる国 日本"をテーマにした「メカニカル彫金限定モデル」2機種を2015年4月24日に発売する。希望小売価格は1300万円(税別)。えんじ色、青色の限定各1本。

日本人の感性と精緻を極めた技術を用いた「クレドール」は、個性豊かな高級ドレスウォッチシリーズとして1974年に誕生。細かな部品の1つ1つに至るまで、厳選された素材と名工の技術が光る美しさと高品質な逸品だ。

ブランドの歴史の中で培ってきた高度な彫金技法を駆使し、美しい繊細な唐草文様の透かし彫り装飾が特長のモデルになっている。彫金師・照井清(てるいきよし)氏監修の下、時計デザイナーとしては初の「現代の名工」を受賞した小杉修弘(こすぎのぶひろ)氏が彫金の美を最大限に引き出すデザインを手掛けた。つる草が絡み合って曲線を描く日本古来の文様は、「生命力」「繁栄」のシンボル。また朝日をイメージした深みのあるえんじ色の七宝製のリング型パーツを配した。

裏ふた側のムーブメント上には、太陽をモチーフにした飾り板を大胆にレイアウト。光沢が美しい黒蝶貝をはめ込み、太陽の力強さを表現している。

また、極薄型メカニカルムーブメント「キャリバー6890」を搭載。組立からケーシングまでを熟練の組立師・桜田守(さくらだまもる)氏が行った。高度な技術を擁するので、1人の熟練時計師が1日にわずか1個から2個しか組み立てられないという。