たった15分でHIV診断できるスマホアクセサリー

写真拡大

ティファニー・グァオとタッサネワン・ラクサナソピンは、米コロンビア大学の研究者らと共同で、指先からの採血でHIVを検出できる小型スマートフォンアクセサリを開発した。製造コストはわずか34ドル。15分で結果が分かる。彼らによれば、このデヴァイスによるテストは、いま最も正確だとされるHIVテストに匹敵するものだという。

「たった15分でHIV診断できるスマホアクセサリー」の写真・リンク付きの記事はこちら

ティファニー・グァオとタッサネワン・ラクサナソピン。彼らが米コロンビア大学の研究者らと共同で開発したデヴァイスは、低コスト・短時間でのHIV検出を可能にするものだ。

彼ら研究グループは、アフリカなど開発の途上にある地域でのエイズ感染の状況に対して、このデヴァイスが多大な影響を与えうると考えている。というのも、早期発見はHIVの拡散を食い止めるのに役立つ。特に、妊婦にとってその影響は大きい。米疾病管理予防センターによれば、HIVを早期発見し抗レトロウイルス薬を服用すれば、子どもへのウイルス感染のリスクを1%未満に抑えることができる。

先日の発表によると、グァオとラクサナソピンは開発したデヴァイスのテストのためにルワンダの首都キガリで臨床試験を実施、期待できる結果が得られたという。2週間の期間に3つの診療所で96人の患者が臨床試験に参加した。結果、彼ら研究グループによれば、同デヴァイスは現在この分野の検査実施に使われている市販の診断ツールとほぼ同レベルの機能を果たしたのだという。将来的にはWHO (世界保健機関) の規制機関から認可を得て、世界中の貧困地域で使用されることが期待されている。

最近、最新のモバイル技術を使った医療コスト削減を目指すこうした動きは拡大している。幅広いスタートアップや研究者が特定の病気を検査できる携帯機器を開発しているが、それらの機器は複数の病気を同時に検査できるものが多い。(多分に漏れず)グァオとラクサナソピンが開発したこのデヴァイスは、HIVだけでなく梅毒も特定できる。

スマートフォンが開発を導いた

このプロジェクトが始まったのは2007年のことだが、本格化したのは2013年だ。当時、研究グループはスマートフォンの機能を利用することで、大幅にコストを削減できると気付いたのだ。スマートフォンに電源とデータ収集の役割を任せれば、開発すべきデヴァイスは、血液検査や分析を実施するのに必要な基本装備だけでいい。

「わたしたちはスマートフォンを、(開発に)必要な多数の部品をすでに装備している“ユビキタスデヴァイス”だと捉えました」と、グァオは語っている。「そして、開発中のデヴァイスについては、分析に必要な基本装置である、非常に単純な光学機器と流体コントロールに絞り込みました」

ほぼ手のひらサイズのそのデヴァイスは、オーディオ端子経由でiPhoneやAndroidスマートフォンに接続され、電力を得てデータ送信をする。指先から採血した少量の血液サンプルを小さなケースにたらし、そのケースを同デヴァイスに挿入する。約15分後には、スマートフォンにダウンロードしたアプリに、結果が表示される。

HIVと梅毒を検査する安価な方法は他にもあって、例えば家庭用妊娠検査薬に似た紙ベースの方法などが使用されている。しかし、彼ら研究グループによれば、この種のテストは信頼性が低いことがあり、利用者は紙に表示されたかすかな線をどのように解釈すればいいのか分からないことがある。

求める人たちに、ちゃんと届けることができるか

問題は、彼らが開発したデヴァイスを人々の手に届けることができるのか、ということだ。事業者団体・MEMS Industry Groupのエグゼクティヴディレクター、カレン・ライトマンによれば、この答えはまだ出ていない。

「実証は行われましたが、数百万台を提供することができるでしょうか?」。彼女は問う。彼女によれば、大きな課題のひとつは、スマートフォンからデータが簡単に盗まれないように安全性を確実にすることだ。

「業界は成熟し、技術も成熟するでしょう。そして、市場は確かに存在します」と、彼女は言う。「わたしたちが守られるべき基準を整備しテスト費用を削減すれば、市場出荷までの時間は短縮されていくことでしょう」

TAG

DiseaseHealthHIVSmartphoneWIRED US