写真提供:マイナビニュース

写真拡大

5人のプロ将棋棋士がコンピュータ将棋ソフトと団体戦で戦う「将棋電王戦FINAL」の第3局・稲葉陽七段 対 やねうら王の対局が28日、北海道・函館の五稜郭にて行われた。

第3局は、28日20時2分、「第2回将棋電王トーナメント」第3位の将棋ソフトやねうら王が稲葉七段を破り、全5局のうちコンピューター側が1勝目、プロ棋士側としては2勝1敗となった。将棋は、やねうら王の横歩取り△3三桂戦法から、中盤で稲葉七段が開戦。しかし結果的にはその判断が裏目に出たようで、やねうら王が優勢になる。終盤は稲葉七段が入玉含みでがんばるも及ばず、やねうら王が稲葉七段の玉を寄せきった。手数は116手で、消費時間は稲葉七段が4時間6分(残り54分)、やねうら王が3時39分(残り1時間21分)。

終局後の会見で稲葉七段は「横歩取り△3三桂戦法は想定の一つでしたが、その後イヤな展開に。こちらから動いたのが早かったかもしれません。ギアチェンジをもう少し我慢する必要がありました。以下は苦しい局面が続き、最後は読みにない良い手を指されて負けを覚悟しました。棋士の2連勝という良い流れで不甲斐ない将棋を指し、自分の弱さを感じました」と振り返り、やねうら王の開発者・磯崎元洋氏は「敵陣突破に成功してからはやねうら王の評価値は終始プラスでした。ただ、入玉されるとどうなるのかなと。プロ棋士の事前研究への対策を打てていなかったので、勝てるとは思っておらず、実感はまだありません」と話していた。

4月11日まで開催される「将棋電王戦FINAL」は、「第2回将棋電王トーナメント」上位5つのソフトと現役のプロ棋士5人による団体戦で、これまで開催された前3回はすべて総合成績でコンピュータが勝利。今回は「FINAL」と銘打ったとおり、人間対コンピュータの最後の団体戦となり、プロ棋士側は若手中心の対コンピューター適性が高いと思われる棋士で構成されている。持ち時間は人間側、コンピュータ側ともに5時間。プロ棋士側には前回大会同様、対局するソフトが事前提供された。また、対局におけるソフト側の指し手は、デンソーの子会社であるデンソーウェーブの新たなロボットアーム「電王手さん」が導入されている。

第4局・村山慈明七段 対 ponanzaの対局は、4月4日奈良県・薬師寺にて行われる。