途中出場で結果を出した岡崎、FWの競争激化は「すごく楽しい」

写真拡大

 日本代表は28日、合宿6日目の練習を大分県内で行った。

 前日行われた、キリンチャレンジカップ 2015のチュニジア戦で先制ゴールを決めたFW岡崎慎司は、激しくなったポジション争いを歓迎した。

 同試合、1トップの位置で先発出場したのはこの日がA代表デビューとなったFW川又堅碁だった。岡崎は、「Jリーグはずっと見ていて、いい選手のことは常にチェックしています。堅碁も注目していた選手」と明かし、「サコ(大迫勇也)や(柿谷)曜一朗もそうだけど、FWのレベルが上がってきていて、みんな特徴があるので、競えることはすごく楽しい」と、ポジション争いを前向きに捉えた。

 さらに「自分が体験していることや、海外のことを話そうと思っているし、自分の経験を伝える側だと思っている。そういうところを見て伸びて、最終的には自分を超えて欲しいです。そして自分もそれを超えて、というのが1番いいと思うので」とコメント。今回は岡崎を含め9名のFW選手(興梠慎三は途中離脱)が招集されていることに触れ、「結果の出し合いではないけど、次誰が試合に出るかも分からない。誰が結果を出すか、というところはある」とライバル心を燃やした。

 多くの選手に出場機会を与えると明言しているヴァイッド・ハリルホジッチ監督だが、岡崎は選手間の競争心を煽るだけではないと語る。

「今は意識を上げようとしていて、勇気や自信を持たせようとしている感じがある。意識付けができたら、次はもっと質の高い世界レベルのプレーを要求してくると思いますけど、まだそこには至っていないです」

 監督の言葉は「一つ一つが響く」という岡崎は、「(ハビエル・)アギーレ監督のときも響いたし、(アルベルト・)ザッケローニ監督もそうだった。色んな経験を持った監督は、すごくいい影響を与えていると思います」と話している。

 日本代表は、31日に行われるJAL チャレンジカップ 2015で、ウズベキスタン代表と対戦する。