写真提供:マイナビニュース

写真拡大

毎年、夏と冬に東京ビッグサイトで50万人以上を動員する世界最大級の同人即売会「コミックマーケット」(通称:コミケ)による5年に一度の祭典「コミケットスペシャル6〜OTAKUサミット2015〜」が、千葉県・幕張メッセで3月28日〜29日の会期で開幕した。

第6回となる今回は「OTAKUサミット」という副題がついており、国内の同人即売会やコスプレイベント団体に加え、世界各地で開催されている日本のアニメやマンガ、ゲームといった中心とした16のイベント団体と連携。世界中にオタク文化の輪を拡げていくコンセプトで開催された。

もちろん、通常の同人誌即売会としての顔も持っており、国内外の同人サークルが自主制作した作品の頒布も。企業ブースもコミケとは規模こそは違うものの、人気の作品を有する国内のコンテンツホルダーが出展しており、人気の企業では購入待ちの長い列もできていた。「コミケットスペシャル」では、ステージなどを使った企画も数多く用意されており、オタク文化を研究する研究者によるトークセッションや千葉市長などシンポジウムなども行われていた。

「コミケットスペシャル6〜OTAKUサミット2015〜」は、3月28日、29日の2日間、千葉・幕張メッセで開催中。

(トランジスタ)