堀江貴文氏

写真拡大

27日深夜に放送の「朝まで生テレビ!」(テレビ朝日系)で堀江貴文氏が、不況で失業に悩む高齢者を「自己責任」と一喝した。

番組では、「ピケティ旋風と日本の格差」をテーマに、日本の格差と貧困の問題が話し合われたが、そのなかで経済ジャーナリスト荻原博子氏が、失業者であふれる神奈川県・横浜の寿町の例を取り上げた。

荻原氏は寿町の日雇労働者を「昔、みなとみらいを作る時に良い給料でガンガン働いていらっしゃったかたたちなんだけれども。ご高齢(60歳以上)になると働けないですよね」と、実態を訴えた。

すると、堀江氏が意見を挟み「稼いでたときに、つまり『r』に、どんどん(お金を)入れれば良かったんですよ」と、失業者の投資意欲の欠落を指摘した。

堀江氏の言う「r」とは、経済学者トマ・ピケティ氏の提唱する資本主義の方程式「r(資本収益率)>g(経済成長率)」の「r」のことだ。ピケティ氏は、資本主義社会では、労働から得られる所得「g」より、株や不動産収入など、資本による収益「r」が上回ることを指摘している。

堀江氏は、格差に対して個人は余裕のあるうちに、賃金を資本収益に転換すべきと指摘したのだ。

堀江氏は「とにかく消費にね、バンバン金使っちゃって、何も投資をしてないわけじゃない。でも本当は投資できたわけでしょ? めちゃくちゃ稼いでたっておっしゃいましたよね?」と、荻原氏の発言に噛み付いた。

さらに、堀江氏は「そこで贅沢をして、夜の街とかで散財したりパチンコやったりとかして、めっちゃ金使ったんだと思いますよ。だけど、それは半分くらい何か、株式に投資をしとくとか、できたんですよ」と、まくしたてた。

それでも失業者を庇護する荻原氏に、堀江氏は笑みを浮かべて「その時に『投資しなさいよ』って言って、その人たちが素直に投資したと思いますか? 絶対できない」「(散財を)国が『そんなのは駄目なんだ!』って言うことだってできないわけでしょ? じゃあ、これもう完全に自己責任じゃん」と語り「何でそんなことをした人を助けなきゃいけないんですか」と畳み掛けた。

このやりとりに、田原氏は「つまりさ、自己責任で『自分は人生こう生きるんだ』と『こうやって行くんだ』と言える人、考えられる人と、やっぱり人の言うことを聞いて、受け身で生きる人といるんだよね」と、しみじみ感想を述べた。

【関連記事】
古舘伊知郎氏と古賀茂明氏の「報道ステーション」バトル全文書き起こし
堀江貴文氏が東京大学を選んだ意外な理由「東京で学費が安かったから」に出演者が驚き
古舘伊知郎氏と堀江貴文氏の対談が反論に次ぐ反論でかみあわず