【メイク】100均の「パフ」ってどうなの? 6種の使い心地を徹底比較してみた

写真拡大

ファンデーションに使うスポンジ、どのくらいの頻度で洗っているでしょうか。
一説によると、ずーっと洗っていないスポンジは、なんと、トイレの20万倍の雑菌がウヨウヨしていることもあるとか…。
長引く肌荒れにお悩みの方は、ひょっとすると、メイクで使うスポンジが原因なこともありえます。

【モテメイク】違いすぎる男女の好み! カリスマ『オルチャン』メイク術

とはいえ、「洗うのは面倒くさくて」と思っている女性も少なくないはず。
最近では100円ショップでも、様々なコスメスポンジが売られていますが、アレって実際のところ、使い勝手はどうなのでしょう?

今の時代、“時短”がメイクのキーワードになっていることもあり、時短美容ライターの筆者が、洗うよりも気軽に買い換えたい人のために、100円ショップで買えるスポンジの使い心地を、徹底検証してみました!

今回の検証で使用したのは、某有名メーカーのパウダーファンデーション。
同じ条件で、それぞれのパフを検証してみますが、使用するパフによってその仕上がりが大きく変わることもあるんですよ!

それでは、さっそくいってみましょう!

■1.ホイップパフ

こちらは水あり・水なしファンデ両方に使える2wayタイプ。
コシがある質感が特長ですが、塗ってみると、ちょっとファンデが浮いてしまうような…?
でも、非常にしっとりとした仕上がりなので、乾燥が気になる方にはよさそう。

■2.エアリーファンデーションスポンジ

100円ショップ『セリア』のオリジナル版スポンジ。
こちらも、2wayタイプで抗菌処理済みが特長のよう。

使用感はというと、薄づきっぽく、サラサラな仕上がりになりますが、ちょっと毛穴が目立つかも…。
今回使用したファンデの質感が、良くも悪くもそのまま再現される印象です。

■3.ブラックパフ

使用するファンデの量を目で確認しやすいブラックタイプですが、こちらは銀イオンによる抗菌作用が配合されているのが特長だそう。

肌にのせてみると、ちょっと毛穴が目立つような…。
他のパフよりもサラッとした仕上がり感ですので、暑い時期にサッパリとメイクしたい人向きかもしれません。

■4.しっとりパフ

抗菌加工とヒアルロン酸が配合されているのが特長というこちらは、名称通りにしっとりとした仕上がりに。

毛穴を隠してくれるカバー効果も比較的、高いような気がします。

■5.ACファンデーション 抗菌スポンジ

これ…、ビックリするほどよかったです。
しっとり仕上げ&毛穴カバー効果が高く、自然にカバーしてくれている感じで、使い心地もソフトなのでしっとり感を求める人にはよさそう。

銀イオンが配合されている抗菌仕様なところも、嬉しいですね。

■6.プレミアムパフ

「洗浄しても性能持続」がメインコピーのこちらは、他のパフに比べ、ちょっとザラっとした使用感。使い心地の好みが分かれるかもしれまん。

仕上がりはというと、ちょっと浮く感じもありますが、カバー力は出ています。


いかがでしょうか?
100円ショップといえば、『ダイソー』で売られている「パフ・スポンジ専用洗剤」も安定した人気で、パフについたファンデの汚れを落とすこんな専用洗剤も、たったの100円で買えちゃう時代が、来ているんですよ。
専用洗剤は高いから…と思っていた人には朗報ですよね。

パフやスポンジには、ファンデの汚れだけでなく、皮脂や角質がくっついてしまうものなので、清潔に保たなければ、肌トラブルの原因になってしまいます。毎日使うものなので、つい見落としがちな盲点ですが、無駄に肌荒れを招かないためにも気をつけておきたいところ。

とはいえ、まめに洗うのは手間も時間もかかることから、忙しい女性は、こまめにパフを買い換えるほうがラクチンかもしれません。
洗うにせよ、パフを交換するにせよ、とにかく清潔なパフを使うことが、肌荒れ予防のコツです。

そして、手間をかけずに時短で清潔を保ちたいならば、お金を使うしかないわけですが、100円で気軽に買えるパフのなかにお気に入りを見つけられれば、安心して清潔なメイクタイムが実現しますね!

同じファンデでも、使うパフによって仕上がりにもかなりの差が出てくることも、驚きだった方もいらっしゃるのでは?

100円ショップではこのほかにも様々なパフがたくさん売られていますので、ぜひみなさんも、お好みの仕上がりになる「お気に入りパフ」を見つけてみてはいかがでしょうか。