初陣勝利から一夜明けた日本代表、青空ミーティングを実施

写真拡大

 日本代表は28日、合宿6日目の練習を大分県内で行った。

 日本代表は前日に行われたキリンチャレンジカップ 2015で、チュニジア代表と対戦。2−0で快勝し、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の初陣を白星で飾っていた。練習には、大分市内の病院で検査を受けた酒井宏樹を除く全選手が参加した。

 ファンにも公開された約90分間の練習では、冒頭に約5分間の青空ミーティングを実施した。その後、チュニジア戦に先発出場した選手たちはランニングで調整。その他の選手たちは、ボールを使ったウォーミングアップや5人1組でのボール回し、8対8のミニゲームなどをこなした。

 練習後には、先に引き上げていた先発出場組が、約200人の子供たちに対して、即席サイン会を実施。ハリルホジッチ監督もバスに乗り込む前に、集まったファンに対してサインを行った。

 日本代表は同日夕方に、東京に移動。31日に行われるJAL チャレンジカップ 2015で、ウズベキスタン代表と対戦する。