ルノーの都市用EV、フランスでは14歳から運転可能に

写真拡大

法律の改定により、フランスでは14歳からルノーの超小型EV「Twizy」を運転できるようになった。最高速度を45km/hに抑えたモデルだが、自転車同様に手軽で、かつ安全な乗り物だ。

「ルノーの都市用EV、フランスでは14歳から運転可能に」の写真・リンク付きの記事はこちら

14歳はまだ子どもとして扱われることが多いが、いまやフランスの14歳は、少なくとも路上では一人前だ。ルノーの超小型EV「Twizy」(トゥイジー)を合法的に運転できるようになったからだ。

Twizyは、狭く立て込んだヨーロッパの市街地を走るためにつくられた、車重約450kg、2人乗りの小さな電気自動車だ。設計の意図は、都市環境において自転車やスクーターよりも安全な交通手段を提供することにある。

これまでフランスでは、交通安全検定を修了した14歳の少年少女が乗れるのは、いわゆるモペッド(原動機付自転車)だけだった。しかし、このほど欧州連合(EU)の新しい関連法規に合わせて、4輪の「クァドリ・サイクル」(軽四輪車)の規定が変更され、その運転資格が16歳以上から14歳以上に引き下げられた。

関連記事オランダ発、レトロな電動モペッド「モーターマン」

クァドリ・サイクルは、最高速度45km/h以下の4輪車で、電動式の場合は出力4kW未満(内燃機関は排気量50cc未満)と定められている。Twizyには「80」と「45」の2タイプがあり、最高速度を45km/hに抑えた「トゥイジー45」はクァドリ・サイクルに分類されるため、14歳でも路上で運転できることになるのだ。

なお、標準モデルは出力13kWの電気モーターを搭載しており、最高速度は80km/hだ。両モデルとも航続距離は約96kmで、エアバッグやシートベルト、ふたつの座席(前後に分かれて座る)、ヘッドライト、方向指示器などを備えており、これらの点では普通のクルマと変わらない。

TAG

CarCityDesignEVRenaultTwizyWIRED US
Twizy

画像は別の日本語版記事より

ルノーによれば、2012年の発売以来、Twizyはヨーロッパで約15,000台売れたという。例えば「Smart」のようなヨーロッパのほかの超小型車が、実際にはむしろ高価な乗り物(基本価格で13,000ドル前後)であるのに対し、Twizyの価格は8,000ドルほどだ(リチウムイオン・バッテリーは別になっていて、月額50ユーロ=約6,500円でレンタルされる(日本語版記事))。自転車よりも速く、かつ安全でありながら、自転車同様に手軽な乗り物を求める都市居住者にはぴったりだ。

Zipcar(日本語版記事)などのカーシェアリング・サーヴィスでも、EVは人気を集めている。ニューヨークやサンフランシスコのような大都市での自転車シェアリングでも、Twizyを使うことができそうだ。

ルノーは、1987年を最後に北米市場から撤退したが、カナダのケベック州でTwizyを販売する可能性について検討中との報道もある。

ただ、成熟したマーケットへの参入にはリスクが伴う。Smartのブランドを所有するダイムラーは、すでに米国においてディーラーと部品供給のネットワークをもち、サブブランドの展開には有利な立場にあるにもかかわらず、Smartの販売は好調とは言いがたい。

ルノーは日産と戦略的パートナーシップを結んでおり、北米ではTwizy(またはその派生型)が、日産ブランドの製品として登場することも考えられる。その場合、同じEVである「リーフ」(=葉)の路線を引き継いで、車名は日産「ステム」(=茎)とでもしてはいかがだろうか?

TAG

CarCityDesignEVRenaultTwizyWIRED US