グーグル、記者質問への冴えた回答

写真拡大

グーグル傘下のYouTubeは、正式なコメントとして少女のGIF動画を使った。この件を確認しようとした『WIRED』記者に対しては、動物園動画のGIFがTwitter上で送られてきた。

「グーグル、記者質問への冴えた回答」の写真・リンク付きの記事はこちら

冒頭のかわいらしいGIF動画は、グーグルが公式コメントとして使ったものだ。

「Daily Dot」の記者が、グーグル傘下のYouTubeがライヴストリーミングを始める模様だというスクープ記事を掲載した(日本語版記事)のだが、それが事実かどうかを確認しようとした記者たちに対して送られたものだ。

「Business Insider」の記事によると、Daily Dotの記者リチャード・ルイスは最初、このGIF動画は冗談だと考えて無視し、「グーグルはコメントしなかった」と書いた。しかしグーグルの広報はその後、この動画を正式なコメントとして記事に入れるよう依頼してきたという。

「このGIFは確かに、われわれの公式の対応です。コメントしなかったという文章は正確にいえば事実ではないので、記事を更新してくださるとありがたいです」と、広報は述べたとのことだ(Arstechnicaの記者に対しても、同じ画像が送られてきた)。

新聞などの20世紀型のメディアが、オンラインメディアと比べて動きが遅いと批判されることがある。しかし一方で、世界でも最も時価総額が高い企業のひとつが、広報からの公式見解としてこうした動画を送ってくるということは、20年前だったら誰も考えられなかっただろう。

WIREDはグーグルにこのGIFについて確認したが、まだ返事が来ない。もし返事が来たら、返事は以下のようなものであることを期待する。

giphy

(3月25日東部時間午後8時半更新)

YouTubeのコミュニケーション責任者クリス・デイルから、先ほど以下の返事が届いた。

@MarcusWohlsen @WIRED <3 @StephenAtHome, but @YouTube prefers confirming we sent w/animal gifs http://t.co/50YrI6rcl7 http://t.co/VM2O3mRdLI

― Chris Dale (@cadale) 2015, 3月 26

デイル氏が、「われわれとしてはこちらのGIFのほうが好みです」と言って添付してきたのは以下だった。

giphy

TAG

GIFGoogleWIRED USYouTube