iPadを使った気が利く写真トレースアプリ『Masterpiece』

写真拡大

Masterpieceは、iPadを使うデジタル・トレーシングペーパーだ。スクリーンを見ながら題材の輪郭線を「トレース」すると、紙にその画が描かれていく。描画プロセスも保存・共有できる。

「iPadを使った気が利く写真トレースアプリ『Masterpiece』」の写真・リンク付きの記事はこちら

「Osmo」は、現実世界の物質と動きを使用して、それをスクリーン上のゲームに変換する、シンプルで素晴らしい教育用iPadツール(日本語版記事)だ。

このOsmoに、誰もがアート作品を描ける新しいアプリ『Masterpiece』が登場した。

Masterpieceは、Osmoに付属するクリップオンミラーとiPadの前面カメラを使用して、あらゆるものを描けるよう、サポートしてくれる。新たに用意する必要があるのは紙、ペンや鉛筆、あとは手の動きを調整するちょっとした能力だけだ。

まずは、写真を撮影するか、Googleのセーフサーチを通じて、アプリ内で画像を検索する。

もとになる画像を選択し、iPadの前に紙を置いたら、スクリーンには、題材となる画像の輪郭線と、自分の手元にある紙を映したライヴ動画が表示される。スクリーンを見ながら題材の輪郭線を「トレース」すると、紙にその画が描かれていく。この作業に慣れるのには数秒かかるが、たいていはまるで魔法のように上手く描くことができる。

複数の画像を選択して、それらをひとつの構図に入れることもできる。たとえば、自分で撮影したベークドポテトの写真を、アプリ内の検索機能で見つけたライオンと組み合わせることができる(文末の動画参照)。

トレースする細かさは、複数のレヴェルを切り替えることができる。線画モードで始めてから、スライダーを調整して異なるレヴェルの陰影を付けて奥行きを表現したり、元の画像をガイドとして参照しながら色を付けることもできる。

TAG

DrawingEducationTooliPadOsmoVideoWIRED US