台湾や韓国製の低品質カラコンに失明の危険性 技術は70年代レベル

ざっくり言うと

  • 道玄坂糸井眼科医院の糸井素純医師がカラコンについて警鐘を鳴らしている
  • 台湾や韓国製の低品質のカラコンは技術的には70年代のものだという
  • 色素が露出して角膜を傷つけたケースがあり、細菌感染で失明の危険もある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング