独エアバス機墜落事故 テロ対策のためドアが開けられない構造に

ざっくり言うと

  • ドイツのジャーマンウイングス旅客機が24日にアルプスに墜落した
  • 副操縦士が機長をコックピットから閉め出していた可能性が指摘されている
  • 操縦室のドアはテロ対策で内側からしか開けられず、裏目に出てしまった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング