新体制の初陣で先発した武藤「監督がやりたい戦術は表現できた」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ 2015が27日に行われ、日本代表とチュニジア代表が対戦。日本は岡崎慎司と本田圭佑のゴールで、2−0と勝利を収めた。

 先発出場した武藤嘉紀は、「前線からプレスに行くところだったり、裏に行くところだったり、そういうところで監督がやりたい戦術は表現できたと思います」と、ヴァイッド・ハリルホジッチ新体制の初陣を振り返る。一方で、「そういった中で得点が欲しかったなというのはあります」と口にした。

 72分に交代するまで、攻守に走り回った武藤。「とにかく自分が与えられた役割は、しっかりいいプレスに行ったりとか。そういうことを献身的にやっていければいいと思っていた」と、自身のプレーについて語った。

 日本代表は、31日に東京スタジアムで行われるJALチャレンジカップ2015で、ウズベキスタン代表と対戦する。