新体制の初陣でフル出場した槙野「ゼロに抑えたことはよかった」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ 2015が27日に行われ、日本代表とチュニジア代表が対戦。日本は岡崎慎司と本田圭佑のゴールで、2−0と勝利を収めた。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の初陣となった一戦。フル出場した槙野智章は試合後、「奪われた瞬間に切り替えるところ、しっかり下がるところ、ボールポゼッションするところとしっかりメリハリがついて、僕も普段やっていることと一緒だったので、全く心配はなかったです」と振り返る。

 手応えについては、「監督が就任した時の会見もそうですし、僕たちに話してくれたことを踏まえて非常にやりやすく、難しくないという印象は受けた」とコメント。「その中で自分が求められていることを、レベルの高い相手の中でできるかというところがポイントだった。今日はとにかくゼロに抑えたことはよかったかなと思っています」と、語った。

 日本代表は、31日に東京スタジアムで行われるJALチャレンジカップ2015で、ウズベキスタン代表と対戦する。